本を知る。本で知る。

おばけがでるぞ! 星野源書き下ろし主題歌で話題『ゴーストブック おばけずかん』、原作は?

がっこうのおばけずかん

 先日、星野源さんが主題歌を書き下ろすことで話題を生んだ映画『ゴーストブック おばけずかん』(2022年7月22日公開)。原作の児童書「おばけずかん」シリーズは、どんな本なのだろうか?

シリーズ4巻『がっこうのおばけずかん』(講談社)
シリーズ4巻『がっこうのおばけずかん』(講談社)

 映画では謎の図鑑として登場する「おばけずかん」だが、原作の「おばけずかん」のジャンルは童話だ。個性豊かなおばけが次々と登場し、そのおばけがどんなふうに怖いのか、そして怖い目にあわないためにはどうすれば「だいじょうぶ」なのかという対処法を、ユーモラスな短いお話で教えてくれる。

 登場するおばけは、「トイレのはなこさん」「ぬらりひょん」「ざしきわらし」といった古風なおばけから、「ぜんじどうふしぎベッド」「ゆかだんぼう」「いきなりしょうべんこぞう」といった、思わず正体が気になってしまうオリジナルおばけまで多種多様だ。

最新刊32巻『まちのおばけずかん おばけコンテスト』(講談社)
最新刊32巻『まちのおばけずかん おばけコンテスト』(講談社)

 「おばけずかん」シリーズは累計130万部を超え、小学校の図書館では「人気すぎて借りられない!」という声まで上がっている。『ゲゲゲの鬼太郎』『学校の怪談』『怪談レストラン』『妖怪ウォッチ』など、いつの時代も子どもたちはおばけが大好き。現代の子どもには、「おばけずかん」が見事刺さったようだ。

 「おばけずかん」シリーズに登場するおばけたちを、ほんの一部だけご紹介しよう。

【こうていのにのみやきんじろう】
夜中に動き出す二宮金次郎像が、校庭を走り回っている。お願いすれば一緒に走ってくれるので、マラソン大会の練習にどうぞ。

【ゆうれいアナウンサー】
給食の校内放送でとつぜん怖い話がはじまったら、それはゆうれいアナウンサーのしわざ。放送が終わると口だけのおばけが飛び出してくるので注意。生徒からは、いがいと人気。

【すけぼう】
美しいスケボーに乗った男の子。夜の住宅街にあらわれる。スケボーのあまりの美しさに、つい乗るとスピードにのって止まらなくなる。いろんな技も勝手にできてしまう。止まった瞬間、男の子があらわれて、「おもしろかっただろ」と言うだけ。スケボーに乗ったことがある人にはあらわれない。

【あのよでんわボックス】
今までなかった場所に突然あらわれる電話ボックス。かかってきた電話に出ると、かかってくるはずのない懐かしい人からの電話が......。3分間話をしたら、「じゃあね」といって電話が切れるのでだいじょうぶ。懐かしい話や覚えていないころの話が聞けてよかったね。

 現在、なんと32巻まで発売されている「おばけずかん」シリーズ。子どもたちの応援によって、まだまだ新しい「おばけずかん」は増えていくそうだ。これからどんなおばけが登場するのか、また映画ではどんなおばけたちが活躍するのか。本も映画も楽しみだ。

「おばけずかん」シリーズをアマゾンで読む

「おばけずかん」シリーズ著者プロフィールとコメント
「おばけずかん」シリーズ著者プロフィールとコメント


※画像提供:講談社


   
   
  • 書名 がっこうのおばけずかん
  • 監修・編集・著者名作:斉藤 洋 絵:宮本 えつよし その他:脇田 明日香
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2014年1月29日
  • 定価1210円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・80ページ
  • ISBN9784061981973

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?