本を知る。本で知る。

ゾロリシリーズ最新作は謎解き!楽しみながら「プログラミング的思考」も身につく

かいけつゾロリのプログラミングぼうけんBOOK ゾロリクエスト

   今年で刊行35周年を迎える「かいけつゾロリ」シリーズから、『かいけつゾロリのプログラミングぼうけんBOOK ゾロリ クエスト』(ポプラ社)が5月2日に発売された。プログラミング学習のはじめの一歩に最適だ。

book_20220502120746.jpg

   「かいけつゾロリ」シリーズは、いたずらの王者を目指すキツネのゾロリと、その弟子である双子のイノシシ兄弟イシシとノシシが、さまざまな場所で修行をしながら活躍する冒険ストーリーだ。累計3500万部を超える超大人気児童書シリーズで、いま一番小学生に読まれていると言っても過言ではない。35周年のテーマは「ぜーんぶ、冒険だから!」。失敗を恐れず、柔軟な発想で夢に向かって突き進むゾロリたちと一緒に、年間を通じてワクワクドキドキする様々な企画が展開されるというので、楽しみだ。ポプラ社の35周年スペシャルサイトも時折チェックしよう。

book_20220502120811.jpg

book_20220502120833.jpg

プログラミング学習のはじめの一歩にも最適!

   最新刊の『かいけつゾロリのプログラミングぼうけんBOOK ゾロリ クエスト』も、35周年のテーマに沿ったもの。

book_20220502120857.jpg

book_20220502120912.jpg

   ゾロリ、イシシ、ノシシの3人は「お菓子の家」「ロボットコンテスト」「古代遺跡」を冒険するなかで、迷路やパズルや暗号など、たくさんの謎に直面する。彼らと一緒に謎を解いていくなかで、物事を整理し、筋道立てて考える方法を学ぶことができる構成だ。コンピューターやプログラミングの知識も要らないので、手に取りやすい気軽さもポイント。 「順序」「繰り返し」「分岐」を軸として、楽しみながら「読む力」「考える力」を伸ばしていける。コンピューターなしでも、プログラミングの考え方が学べるプログラミングドリルに、子どもは夢中になるに違いない。

book_20220502120930.jpg
「順序」「繰り返し」「分岐」の3つの考え方を使おう!

   ちなみに、NHK Eテレでは、2022年4月6日からTVアニメ「もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ」に第3シリーズが放送されている。


※画像提供:ポプラ社

  • 書名 かいけつゾロリのプログラミングぼうけんBOOK ゾロリクエスト
  • 監修・編集・著者名原 ゆたか/原作 フジサワ ミカ/絵
  • 出版社名ポプラ社
  • 出版年月日2022年5月 2日
  • 定価1320円(税込)
  • ISBN9784591173121

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?