本を知る。本で知る。

息をのむほど美しい生き物たちの絵。あなたの知らない自然の世界がここに

Hidden Planet イラストレーターから地球へのラブレター

 息をのむほど美しい、ライオンの顔。生き物たちの手ざわりや体温まで描き込むかのようなイラストを描くベン・ロザリーさんは、自身について、「イラストレーターの皮をかぶった動物学者」だと言っている。

 『Hidden Planet イラストレーターから地球へのラブレター』(化学同人)は、最も権威あるとされるオランダ国内の絵本の賞、「銀の絵筆賞」を受賞した作品。圧巻のイラストとともに、生き物たちの多様性を学ぶことができる。子どもも大人も、きっと驚きと感動をうけとる1冊だ。

『Hidden Planet イラストレーターから地球へのラブレター』(化学同人)/©Ben Rothery 2019
『Hidden Planet イラストレーターから地球へのラブレター』(化学同人)/©Ben Rothery 2019
いまわたしは、紙とえんぴつで自然界を探検しています。でも、表面的に正確な絵を描くだけでは物足りません。毛や羽の下でなにが起きているかを理解することも大切です。
(「はじめに」より)

 ロザリーさんは、生き物たちの毛や羽の下に「かくれた」神秘を見つめてイラストを描く。だからこそロザリーさんの描いた生き物たちは、まるでそこに生きていて、今にも動き出すかのように感じられる。

 クマノミとイソギンチャクの共生など、生き物どうしの「かくれた関係」。大型のウサギほどの大きさの、毛に覆われた哺乳類・ケープハイラックスの最も近い親戚が、なんとゾウだという「かくれた家族」。大きなタコでもコインサイズの穴を通り抜けられる(!)などの「かくれた能力」。周りになじむ色や形、小さい体で、捕食者から「かくれて生きのびる」生き物たち。そんな、地球の生き物たちの「かくれた」姿が本書のテーマだ。

 迫力のあるリアルなイラストを楽しみながら、生き物の知られざる生態を学べる本書。唯一無二の感動体験とともに、自然・環境保護への関心が高まるはずだ。

この美しい鳥、ミナミベニハチクイは、ゾウの背中にとまって昆虫を捕まえる/©Ben Rothery 2019
この美しい鳥、ミナミベニハチクイは、ゾウの背中にとまって昆虫を捕まえる/©Ben Rothery 2019
かくれた能力をたくさんもつタコ。知能も身体のつくりも驚きで満ちている/©Ben Rothery 2019
かくれた能力をたくさんもつタコ。知能も身体のつくりも驚きで満ちている/©Ben Rothery 2019
小さくかくれていた生き物が、環境次第で大きくなることも。コモドオオトカゲは最大で3メートルにもなる/©Ben Rothery 2019
小さくかくれていた生き物が、環境次第で大きくなることも。コモドオオトカゲは最大で3メートルにもなる/©Ben Rothery 2019
なにかが触れるとボールのように丸まるセンザンコウ。人間の乱獲で絶滅の危機に瀕している/©Ben Rothery 2019
なにかが触れるとボールのように丸まるセンザンコウ。人間の乱獲で絶滅の危機に瀕している/©Ben Rothery 2019
シマウマの群れは圧巻。体の縞模様で捕食者の目をくらませる/©Ben Rothery 2019
シマウマの群れは圧巻。体の縞模様で捕食者の目をくらませる/©Ben Rothery 2019
この机で数々のイラストが生み出されている/©Ben Rothery 2019
この机で数々のイラストが生み出されている/©Ben Rothery 2019
大きなページも本書の特徴。迫力と細部を楽しめる
大きなページも本書の特徴。迫力と細部を楽しめる

■ベン・ロザリーさんプロフィール
 英国・ノリッジ出身、南アフリカ・ケープタウン経由の、細部を描くことの虜になったイラストレーター。いくつもの手法を組み合わせて、複雑で繊細なイラスト、緻密で鮮やかな模様を描き出す。


※画像提供:化学同人


  • 書名 Hidden Planet イラストレーターから地球へのラブレター
  • 監修・編集・著者名ベン・ロザリー 著 菅野楽章 訳 今福道夫 監修
  • 出版社名化学同人
  • 出版年月日2022年3月15日
  • 定価3850円(税込)
  • 判型・ページ数377×278mm・96ページ
  • ISBN9784759822465

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?