本を知る。本で知る。

「かみはこんなに くちゃくちゃだけど」...小さな女の子の願いは? ヨシタケシンスケ最新作、発売!

かみはこんなに くちゃくちゃだけど

   子どもにも大人にも大人気のヨシタケシンスケさん。なんてことのない日常をちょっと斜めから眺めるユニークな視点と、シンプルながら温かみを感じさせるイラストが持ち味だ。4月1日に発売された最新作『かみはこんなに くちゃくちゃだけど』(白泉社)も、ファンの期待を裏切らない、ヨシタケシンスケワールドが広がっている。

book_20220404121655.jpg

   歌手になりたいと願う女の子、自分が何に向いているかわかったおじいちゃん、朝顔の花が咲いたのを発見した女の子...。「〇〇だけど、いつか〇〇になりたい」という小さな希望や「〇〇だったけど、実は〇〇だった」というささいな気づきを描いている。

book_20220404121804.jpg

book_20220404121841.jpg

book_20220404121902.jpg

   「第13回MOE絵本屋さん大賞2020第1位」を受賞した『あつかったら ぬげばいい』の姉妹編となる本作。こんな時代だからこそ、日常に小さな希望を見つけたい、という思いが込められている。

   また、発売を記念して、全国約1,600書店で「白泉社のヨシタケシンスケフェア」が4月1日(金)頃より開催されている。

   新刊、既刊それぞれに購入特典のステッカーが配布されるという。かわいらしいステッカーなので、ファンの方はチェックしてみてはいかがだろうか。

book_20220404122008.jpg
新刊購入特典:「かみはこんなに くちゃくちゃだけど」オリジナルクリアステッカー ヨシタケシンスケ/白泉社

book_20220404122100.jpg
既刊購入特典:「ヨシタケシンスケ キャラクターシール」 ヨシタケシンスケ/白泉社

   さらに、2022年4月9日から7月3日の間に、東京・世田谷文学館にて「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が開催される。その後、兵庫、広島、愛知の巡回が決まっている。イラストレーター、造形作家としての経歴も活かしたファン待望のユニークな展覧会となっている。

book_20220404122142.jpg
「ヨシタケシンスケ展かもしれない」イメージ(画像)

book_20220404122221.jpg
「ヨシタケシンスケ展かもしれない」メインビジュアル(画像)

   大人もくすりと笑えるのが魅力のヨシタケシンスケさんの絵本。展覧会も楽しみだ。


※画像提供:白泉社


  • 書名 かみはこんなに くちゃくちゃだけど
  • 監修・編集・著者名ヨシタケシンスケ 著
  • 出版社名白泉社
  • 出版年月日2022年4月 1日
  • 定価1100円(税込)
  • ISBN9784592763000

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

絵本の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?