本を知る。本で知る。

在宅ワークに飲み会、帰省......コロナ禍の「5大問題」をアエラが取材

AERA12月20日号

 12月13日発売「AERA(アエラ)12月20日号」(朝日新聞出版)の巻頭特集は、「ウィズコロナの5大問題 出社・飲み会・メンタル・帰省・体重」。コロナ禍2度目の年の瀬を前に、この2年間で人々の大問題となっている5つのテーマについて、プラス・マイナス両方の変化をとらえ直した。カラーページでは、ハマる人続出の「タイBL(ボーイズラブ)ドラマ」を特集。ドラマ「2gether」が火をつけたとされるブームの全貌を取材している。


 緊急事態宣言の全面解除からまもなく3カ月。「コロナ以前」の日常に戻ろうという動きが目立つ一方で、「以前のような働き方には戻りたくない」との声もある。そんなコロナ禍2度目の年末に、アエラは働く人々にとっての「大問題」である、「出社と在宅」「飲み会文化」「メンタル立て直し」「帰省の本音」「増えた体重」について徹底取材した。

 「出社と在宅」では、10月に新しい働き方をスタートさせたLINEグループを取材。出社と在宅の「ハイブリッド」、チームごとの勤務形態、居住地の推奨範囲の拡大を実現している。カルビーも、オフィスのリニューアルと働き方改革をセットで推進中だ。「飲み会文化」については、コロナ禍で飲み会不要派が大幅に増えた。これまで飲み会ではかられていたとされるコミュニケーションを補う試みである、日本生命の「コミュニケーション4」を取材している。

 巻頭特集ではほかに、「テレワーク明けの出社がきつい」と感じるメンタルの立て直し方、「帰りたくない派」にとってコロナを理由にパスできる最後の年末年始の帰省を巡る本音、在宅で増えた体重と脂肪を減らす「レモン水ダイエット」や「ファスティング」のノウハウも。

 さらに、「5大問題」とは別に、コロナ禍で激変したPTAについての記事も掲載している。前例踏襲、強制加入など、数々の理不尽があったPTAが、なんとコロナ禍で大きく変容。無駄な行事を省く「スリム化」や、紙だけだった連絡手段をチャットに切り替えるなどの「IT化」を実現するPTAが出てきた。それぞれ誰がどう変えたのか、アエラが詳しく取材した。

タイBLブームの最前線

 今号では、いまハマる人が続出しているという「タイBL(ボーイズラブ)ドラマ」をカラー3ページで特集している。日本でのブームに火をつけたとされる「2gether」ほか注目のドラマ・映画8作品を紹介。受講者が女性中心になったというタイ語学校の現場や、タイコンテンツの事業展開を始めるテレビ朝日などをリポートしている。

 今号の表紙は、ショパンコンクールで2位を獲得し、世界の注目を集めるピアニストの反田恭平さん。インタビューでは、師匠・自分・ショパンコンクールを巡る不思議な偶然の重なりを告白した。

 このほか以下のような記事を掲載している。

愛子さまに受け継がれた美智子さまの文才
震度5続発 歴史が示す「大地震の数年前に大きめの地震」
ブースター接種でオミクロン株にも「中和抗体値」25倍
ネットの「極端バッシング」を生むパーソナライズ機能の罠
リモートワークで「机の上が狭い問題」は「拡張」で解決
李琴峰 芥川賞受賞第一作で描く「出産に胎児の同意がいる世界」
松坂大輔「ボロボロになるまで投げるよ」最後まで貫いた自分らしさ
フィギュア「ロシア女子」戦国時代を勝ち抜くのは誰だ
中国のテニス選手失踪が北京五輪の「火種」になる
入管収容経験者が語る「不安」「恐怖」「うつ症状」
「大東亜以下⑨」メールにザワつく
デジタル時代も「ファクス」が手放せない!
King Gnu井口理「なんでもソーダ割り」コラージュアーティスト河村康輔3回目

※画像提供:朝日新聞出版


  
  • 書名 AERA12月20日号
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2021年12月13日
  • 定価440円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

AERAの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?