本を知る。本で知る。

見た目もかわいい「ストウブ」でパン作りにチャレンジしてみませんか?

ストウブでパンを焼く

 ルクルーゼと並び、人気のフランス製ホーロー鍋といえばストウブ(STAUB)。見た目のかわいさもさることながら、熱伝導・保温性に優れ、食材をふっくら美味しく仕上げることでプロにも定評がある。煮込み料理や揚げ物にはもちろん、さまざまな調理に大活躍する。

book_20210928114950.jpg

 パン作りもその一つ。ストウブを使うことで、家庭用の電気オーブンでは難しいハード系のパンも上手に焼けるという。そこで今回は、10月5日発売の『ストウブでパンを焼く』(誠文堂新光社)を紹介する。本書では、ストウブを使ったカンパーニュなどのハード系パンと、ちぎりパンやブリオッシュ、塩バターパンなどのやわらか系パンのつくり方を紹介している。

book_20210928115042.jpg

 パン作りの際、カンパーニュなどの油脂分が少ないハード系パンは家庭用の電気オーブンではなかなか難しい。蒸気不足とファンが生地の表面を乾燥させてパンがふくらみきらないのだ。

book_20210928115114.jpg

 しかし、ストウブなら上手に焼くことができる。ふたをして、オーブンで焼くことで、鍋の中でパン自体の持つ水分が蒸気となる。そうすると、クープが気持ちよく開いて中はしっとりとした味わいになるのだ。

 ストウブは型としても優秀で、火のあたりが均一だ。牛乳やバターを配合した牛乳パンなどもしっとり仕上がる。

book_20210928115153.jpg
book_20210928115229.jpg

 本書に掲載のレシピは一般的なラウンド型18、20、22センチに対応。浅いソテーパンのブレイザーで作るシナモンロールや、10センチのミニココットのイングリッシュマフィンやハンバーガーバンズなども掲載されている。



book_20210928115315.jpg
画像は『ストウブでパンを焼く』より(誠文堂新光社提供)

 パン屋さんで売っているようなパンが自宅で作れるとは感動だ。ストウブを「煮込み料理にしか使わない」なんてもったいない! ぜひパン作りに挑戦してみてほしい。


※画像提供:誠文堂新光社


  • 書名 ストウブでパンを焼く
  • 監修・編集・著者名池田 愛実 著
  • 出版社名誠文堂新光社
  • 出版年月日2021年10月 5日
  • 定価1750円(税込)
  • 判型・ページ数B5変判・96ページ
  • ISBN9784416621264

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?