本を知る。本で知る。

「変な家」の奇妙な間取りに潜む驚愕の事実 異色の"不動産ミステリー"

変な家

 7月26日に発売された書籍『変な家』(飛鳥新社)が、Amazonの「ミステリー・サスペンス・ハードボイルド」カテゴリでベストセラー1位となっている。(2021年8月12日現在)

 同書は、奇妙な間取りに秘められた謎を解き明かす「不動産ミステリー」。著者はインターネットを中心に活動するホラー作家の雨穴(ウケツ)さんで、同書の内容の一部も、ネットで公開していたものがもとになっている。

book_20210812151810.jpg

 目次は以下の通り。

第一章 変な家
第二章 いびつな間取り図
第三章 記憶の中の間取り
第四章 縛られた家

間取り図に書かれた奇妙な空間

 冒頭の第一章では、「これは、ある家の間取りである」として、表紙にも描かれている2階建ての家の間取り図が示される。同書によると、雨穴さんの知人の営業マンが購入を検討していた家の間取り図だという。

 一見すると、それには何の変哲もない。なんとなく壁が多く感じられるだけで、特段おかしな点は見つからない。

book_20210812114735.png

 しかし、よく目を凝らしてみてみると、1階の台所とリビングの間に謎の空間がある。壁で仕切られた奇妙な空間で、それが気になって知人も雨穴さんに相談したのだった。

「意図的に作られたもの」

 気になった雨穴さんは、大手建築事務所に勤める設計士の栗原さんに相談してみることにした。栗原さんはミステリー愛好家で、相談内容を伝えると、すぐに興味を持ってくれたという。

 さっそく雨穴さんが間取りを見せると、栗原さんはこう言った。

「一つ言えるのは、これが意図的に作られたものだということですね」

 なんと、奇妙な間取りは偶然作られたものではなく、何らかの意図があったというのだ。

 一体なぜ、不思議な空間が作られたのか。雨穴さんはその理由を、「それはあまりに恐ろしく、決して信じたくない事実である」と表現する。そこには、信じがたいほど残酷な出来事が隠されていた――。

 続く2章以降でも、不動産にまつわる謎が示され、そして解き明かされる。

 住居を買ったり借りたりする際には、誰もが必ず間取り図を目にする。そんな身近なものに潜む謎を解き明かす「不動産ミステリー」には、誰もが没入してしまうことだろう。夏のおともにオススメの一冊だ。


 
  • 書名 変な家
  • 監修・編集・著者名雨穴 著
  • 出版社名飛鳥新社
  • 出版年月日2021年7月26日
  • 定価1,273円+税
  • 判型・ページ数四六判・248ページ
  • ISBN9784864108454

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?