本を知る。本で知る。

読むと元気になれるラブコメ&美女コミック3選

デブとラブと過ちと!1

 メンタルが不調なとき、どんなことをして気持ちを上向かせるだろうか。スポーツ、散歩、ゲーム――色々あると思うが、たまには、漫画を読んで元気を取り戻すのもいいかもしれない。そこで今回は、BOOKウォッチ編集部が選んだ「読むと元気になれる漫画」3作品を紹介する。

超ポジティブに考えて万事解決!

『デブとラブと過ちと!』(ままかり 作)

book_20210714114826.jpg

 部分的に記憶喪失になったことにより超ポジティブになった会社員・夢子が、周囲の人間の悩みをばっさばっさと解決する作品。どんな出来事も「素晴らしい!」「素敵!」といった調子でプラスに捉え、周囲の人間の悩みすらも一瞬で吹き飛ばしていく。夢子のポジティブすぎる振る舞いが痛快。

自己肯定感マックス美女

画像は『メンタル強め美女白川さん』(KADOKAWA)

『メンタル強め美女白川さん』(獅子 作)

 鋼のメンタルを持つ美女・白川さんが、ひがみ、嫌がらせやマウントなど、多くの女性を苦しめるストレスをはねのけていく作品。「ぶりっ子」「ヒイキされてる」といった周囲のひがみを、自己肯定感たっぷりの返しで華麗にかわしていく。

「悪役だって完璧に演じてみせよう!」

画像は『悪役令嬢は今日も華麗に暗躍する(1)』(スクウェア・エニックス


『悪役令嬢は今日も華麗に暗躍する』(道草家守 原作/高松翼 漫画/春が野かおる キャラクター原案)

 上記2作とはちょっと趣向が異なる、いわゆる悪役令嬢ものの作品。人生を捧げたソシャゲの悪徳姫に転生した主人公が、前世で愛した推したちを輝かせるべく、悪徳姫としての振る舞いに徹する。が、何故か最推しの従者・アルバートは自身の側を離れず、徐々に主人公と関係を深めていく――というストーリー。主人公とアルバートの息の合ったやり取りが面白い。


   
  • 書名 デブとラブと過ちと!1
  • 監修・編集・著者名ままかり 作
  • 出版社名Jパブリッシング
  • 出版年月日2020年11月20日
  • 定価699円+税
  • 判型・ページ数B6判・192ページ
  • ISBN9784866693460

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?