本を知る。本で知る。

医者・弁護士・書店員。お仕事系恋愛コミック3選!

恋はつづくよどこまでも 1

 病院や書店など、身近なようで実はよく知らない世界のお話には心惹かれるもの。ましてや、そこで繰り広げられる恋愛ならなおさら。そこで今回は、BOOKウォッチ編集部が選んだ、お仕事系恋愛コミック3作品を紹介する。

ドS医師が時々見せる笑顔

写真は『恋はつづくよどこまでも 1』(小学館)
写真は『恋はつづくよどこまでも 1』(小学館)

『恋はつづくよどこまでも』(円城寺マキ 作)

 高校生の頃に会った医師・浬(かいり)に憧れ、看護師になった七瀬。しかし、再会した浬は想像とは異なり、性格最悪。「辞めな君、向いてない」と手ひどく扱われてしまう。けれども、七瀬は諦めずに根性で食らいつく。すると、徐々に浬も心を許してくれるように。褒めてくれるときの浬の笑顔が良い。

書店員2人の日常にほっこり

写真は『僕は小さな書店員。 1』(集英社)
写真は『僕は小さな書店員。 1』(集英社)

『僕は小さな書店員』(青山はるの 作)

 書店を舞台とした作品。就活に失敗してなんとなく書店員になった正道(24)と一見快活だが実は恋愛に臆病な先輩・真希(27)の2人が、書店を盛り立てながら愛を深めていく。仕事にも恋愛にも一生懸命な2人にほっこりする。書店員のルーティンなど、時々挟まれる豆知識も興味深い。

性悪イケメン敏腕弁護士の優しい一面

写真は『リーガル×ラブ 1』(小学館)
写真は『リーガル×ラブ 1』(小学館)

『リーガル×ラブ』(安タケコ 作)

 舞台は弁護士事務所。OLの三森こころは不倫疑惑をかけられるも、性悪だがイケメンで敏腕の弁護士・梅宮に助けられる。それがきっかけで、梅宮の弁護士事務所でパラリーガルとして働くことに。2人で一緒に仕事をするなかで梅宮の優しい一面に触れ、徐々に想いを募らせていく。


   
  • 書名 恋はつづくよどこまでも 1
  • 監修・編集・著者名円城寺マキ 作
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2016年9月 9日
  • 定価499円(税込)
  • 判型・ページ数新書判・192ページ
  • ISBN9784091385598

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?