本を知る。本で知る。

「作業量が増えたのに報酬は同じ」フリーランスで泣き寝入りしないために

独立から契約、保険、確定申告まで フリーランス六法

   会社員に比べて自由なイメージがあるフリーランス。一方で、報酬未払いの経験がある人は約70%で、そのうち40%が泣き寝入りをしているという事実も。フリーランスとして働くうえで、トラブルにあったり、損をしたりすることのないよう、お金や法律に関する知識は必須だ。独立の方法や、確定申告など、イマイチ自信がない方も多いだろう。

20210516_フリーランス六法1.jpg
フリーランスとして安心して働くための知識を網羅 (画像/青春出版社)

   5月21日、『独立から契約、保険、確定申告まで フリーランス六法』(青春出版社)が発売される。本書は、フリーランスへの転身を考えている人、フリーランスとして活動中の人が法律や税金の知識がなくても安心して働くための知識とコツをまとめた1冊だ。

main.jpg

本書の内容は以下の通り。

① 会社員時代から準備が必要! 会社を辞める前後にやるべきこと
② 仕事の第一歩! 時間とお金を自分でマネジメント
③ 約束のギャラがもらえない! 仕事のトラブル対処法
④ 会社員よりも得したい! 確定申告と税金のポイント
⑤ 健康保険や年金、家のローン...... ライフプランはどうする!?

   独立までに準備すべきことから、仕事を取るためのノウハウ、契約書の注意点、トラブル対処法、確定申告のやり方、ライフプランに至るまで、フリーランスになって直面するさまざまな事柄を網羅している。

20210516_フリーランス六法2.jpg
画像は『独立から契約、保険、確定申告まで フリーランス六法』より(青春出版社提供)

   たとえば、「予定より作業量が増えたのに支払ってもらえなかった!」というケース。

簡単な仕事のつもりだったのに、いつの間にか作業量が膨大に。頑張って納品したら、なぜか報酬は当初のまま......フリーランスによくある話です。

   身を守るためには、業務委託契約書をきちんと結ぶこと、業務量やスケジュールなども契約書に明記することが必要だ。契約書がない、記載がないという場合には、追加の料金について取引先と相談し、契約書に追記する、あるいは最低でもメールでやり取りをしておくと、請求の根拠になるという。

   また、正式な書面がなくても、契約は成立する。メールで業務内容や報酬を確認し回答をもらう、口頭や電話の場合は録音しておくなど、証拠を残しておく必要がある。そもそも、業務委託契約書を出したがらない担当者や、重要なことを電話や口頭でしか言わないような担当者は要注意。泣き寝入りしないよう、自分の身は自分で守ろう。


※画像提供:青春出版社

  • 書名 独立から契約、保険、確定申告まで フリーランス六法
  • 監修・編集・著者名フリーランスの働き方研究会 著/二森礼央、萩口義治 監修
  • 出版社名青春出版社
  • 出版年月日2021年5月21日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・192ページ
  • ISBN9784413232043

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ビジネス・経済・法律の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?