読むべき本、見逃していない?

カマンベールはなぜ白い?

美しい世界のチーズの教科書

   アツアツのマルゲリータ。とろとろのチーズがたっぷりのっているとテンションが上がる。そんなチーズの魅力を凝縮した『美しい世界のチーズの教科書』(パイ インターナショナル)が発売された。

main.jpg

   表紙の可愛いイラストが印象的な本書は、チーズ大国フランスでベストセラーとなり、日本にも上陸。世界26カ国、約400種のチーズの特徴や味わい方を解説している。

   さらに、チーズの歴史から産地、種類に加えて、なぜカマンベールが白いのか、チーズの独特な匂いはどうやって発生しているのか、このワインにぴったりなチーズはどれ? など、チーズに関する知識が満載だ。

   ページを開くと、「教科書」というより図鑑のようだ。美しいチーズのイラストは眺めているだけでも楽しい。

sub1.jpg

sub2.jpg

sub3.jpg

   こちらは、フランス北東部で生産されているチーズのマップ。地域によって多種多様なチーズが作られていることに驚く。

sub4.jpg

   ペアリング(チーズと飲み物の組み合わせ)のページも参考になる。たとえばワイン。フレッシュチーズにはロゼワイン(コート・ド・プロヴァンス トゥーレーヌなど)や辛口の白ワイン(シャブリなど)、中甘口の白ワインも◎。赤ワインならタンニンの少ないフルーティーなタイプがおすすめだ。

sub5.jpg

   著者のトリスタン・シカールさんは、ジャーナリストからチーズ製造・販売業者へ転身。美食の世界に魅了され、2011年に北フランスのリール旧市街地で双子の兄弟とともに、チーズショップ兼チーズバーの「フレール・ドゥラシック(Fr?res Delassic)」を開業した。新しいチーズの魅力を探求、発信している。

   本書を参考に、さっそくデパ地下でチーズとワインを選んで、週末の晩酌を楽しみたい。


※画像提供:パイ インターナショナル

  • 書名 美しい世界のチーズの教科書
  • 監修・編集・著者名トリスタン・シカール 著
  • 出版社名パイ インターナショナル
  • 出版年月日2021年3月22日
  • 定価2,970円(税込)
  • ISBN9784756251725

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?