本を知る。本で知る。

熊川哲也版「白鳥の湖」、書籍化で語られた「真実」

白鳥の湖 Swan Lake

   プロのバレエダンサーとして知らない人はいないであろう熊川哲也さんは、「白鳥の湖」を「永遠の教科書」であり、「バレエ芸術の母」であると言う。オリジナルの振り付けはマリウス・プティパと、レフ・イワーノフ、音楽はピョートル・チャイコフスキーが担当しており、人類が誇る名作といえるだろう。

   あなたは「白鳥の湖」をその目で拝んだことがあるだろうか。

   多くのバレリーナが白鳥になることを夢見て、努力を続ける本作品を熊川哲也Kバレエカンパニーが初めて扱ったのは、2003年のことだった。プティパとイワーノフや作品そのものをリスペクトしながら、自分たちのカンパニーだからこそできる表現方法をし、現代人に訴えかける作品となった。

sub3.jpg
画像は、『白鳥の湖 Swan Lake』(303 BOOKS)

   そして今回、2021年3月24日?28日に熊川哲也Kバレエカンパニー「白鳥の湖」が上演される。それに合わせて、ArtNovel『白鳥の湖 Swan Lake』(303 BOOKS)が3月24日に発売された。

sub6.jpg
画像は、「白鳥の湖」ポスター

究極の愛の物語『白鳥の湖 Swan Lake』が小説に。

   『白鳥の湖 Swan Lake』(303 BOOKS)は熊川哲也さんが作り上げた「白鳥の湖」の美しさや奇跡を、藤田千賀さんが文字にしたものだ。今まで活字化してこなかった細部にまでこだわり、登場人物の心の揺れ動きや、感動のクライマックスまで丁寧に描写した。さらに、豪華な舞台芸術・衣装、ダンサーたちの舞踊シーンは、イラストレーターの粟津泰成さんが担当している。

main.jpg
画像は、『白鳥の湖 Swan Lake』(303 BOOKS)

   熊川哲也さんは「白鳥の湖」にどんな思いを込めたのだろうか。

   今まで語られることのなかった真実が、ついに明らかになる。

sub2.jpg

sub4.jpg
画像は、『白鳥の湖 Swan Lake』(303 BOOKS)

   バレエとは、ダンサーのテクニックだけではなく、感情も溶け合ってこそ、観客の心に刺さる美しい表現となる。まずは、キャラクターの心の動きに寄り添い、その世界観に想像力を働かすことが大切なのだ。本書はそんな「白鳥の湖」の世界を知る大いなるヒントとなってくれるだろう。

sub1.jpg
画像は、『白鳥の湖 Swan Lake』(303 BOOKS)

【熊川哲也(くまかわてつや)さんのプロフィール】

北海道生まれ。10歳よりバレエを始める。1989年、ローザンヌ国際バレエ・コンクールで日本人初のゴールド・メダルを受賞。英国ロイヤルバレエで、プリンシパルダンサーとしての活動後、1999年、K-BALLET COMPANY設立。2006年、Kバレエ カンパニーとして『ドン・キホーテ』『くるみ割り人形』の舞台成果に対し、第5回朝日舞台芸術賞を受賞。2018年、『クレオパトラ』の制作・演出に至る長年の功績に対し、第59回毎日芸術賞特別賞を受賞。2013年、紫綬褒章受章。
sub5.jpg
画像は、熊川哲也さん


※画像提供:303 BOOKS

  • 書名 白鳥の湖 Swan Lake
  • 監修・編集・著者名芸術監修:熊川 哲也 文:藤田 千賀 絵:粟津 泰成 デザイン:細山田 光宜、藤井 保奈(細山田デザイン事務所)
  • 出版社名303 BOOKS
  • 出版年月日2021年3月24日
  • 定価本体2,000円+税
  • ISBN9784909926074

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?