本を知る。本で知る。

ビートたけしが一刀両断!「おいおい、この国本当に大丈夫か」

コロナとバカ

   コロナをきっかけに様々な問題が浮上し、ニッポン人の愚かさと醜さが浮き彫りになった――。

   ビートたけしさんが毒舌全開で語る現代評論『コロナとバカ』が小学館から発売された。

   本書には、次のような人たちが登場している。

・手間と時間をかけて「GoToイート錬金術」で小銭を稼ぐ貧乏人
・SNSで人を叩くくせに、面と向かっては何も言えないネット民
・政権批判ブームが終わったとたん、すっかり黙りこんでしまった芸能人
・総理大臣が辞めるとなった途端、ご祝儀で支持率をアップさせる日本人
・大谷翔平や藤井聡太を見て、「自分の子も」と考える親
・小学生の「あだ名」を禁止して、イジメを止めたと思ってる教育委員会

   ほかにも、パフォーマンスが先行してしまい、政策がコロコロ変わる政治家や、オリンピックにすがり続ける経済界、幾度となく報道される不倫騒動だらけの芸能界などなど。

   「ああ、どこを見渡してもバカばかり」とビートたけしさんは嘆く。このまま見て見ぬふりを続けていいのか、ニッポン人。本書では、コロナをきっかけにあぶりだされた残念な人たちにビートたけしさんが真っ向から物申す。

   そのほか、 同じ時代を生きてきた志村けんさん、渡哲也さんなど、戦友たちへ向けた魂のこもったメッセージも収録している。

   本書の目次は次の通り。

はじめに
第1章 コロナが炙り出した「ニッポンのバカ」
第2章 さよなら、愛すべき人たちよ
第3章 ニュース・テレビの「お騒がせ事件簿」
番外編 これぞ〝不要不急〟の爆笑企画! 2020年「ヒンシュク大賞」を決定する! おわりに
main.jpg
画像は、『コロナとバカ』(小学館)

   平時以上にうかつなことは口に出せない「自粛」ムードが漂う中でも、ビートたけしさんの姿勢は変わらない。舌鋒鋭くユーモアあふれる現代評論。


※画像提供:小学館

 
  • 書名 コロナとバカ
  • 監修・編集・著者名ビートたけし 著
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2021年2月 1日
  • 定価本体800円+税
  • ISBN9784098253906

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新型コロナウィルスの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?