読むべき本、見逃していない?

妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊。経験者が語る、誰もがハマるマルチ商法の沼

妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。

   マルチ商法になんて自分はハマるはずがない、なんて思っている人が大半だと思う。しかし、身近なところでマルチ商法に巻き込まれるトラブルは起きているという。なぜだろうか。

   2021年1月13日、『妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。』(ポプラ社)という衝撃的なタイトルの本が発売された。

   著者のズゥータンさんは、自身の妻がマルチ商法にハマった経験をきっかけに、マルチ商法に巻き込まれた当事者の声を集めたという。結果は驚くべきもので、会員の年代の幅は20代から高齢者まで幅広く、職業や生活環境もバラバラだったという。

   しかし、「まさか自分が、自分の身近な人が、マルチ商法にハマるなんて思いもしなかった」と当事者の方々が感じているのが共通項だったようだ。つまり、これは「誰しもがマルチ商法にハマる可能性がある」ことを示唆している。

   悪質なマルチ商法に手を出して巻き込まれた人の未来は残酷で、家族、恋人、友人、といった人間関係は必ずと言っていいほどに破壊されてしまうようだ。

   本書は、著者の経験や当事者の取材を通して、「マルチ商法とは何か?」「どういう経緯でハマるのか?」「ハマるとどうなるのか?」など、今まで閉ざされてきたマルチ商法の世界を伝えていく。

   「マルチ商法の現実を伝えることで、マルチ商法をめぐる悲しい問題の解決の一助としてほしい。また、社会全体でマルチ商法のことを考えるきっかけにしてもらいたい。」という想いが込められた1冊だ。

   本書の目次は以下の通り。興味のある人は確認してみてほしい。目次だけでも衝撃的だ。

はじめに
マルチ商法について
マルチ商法の報酬プランについて


第1章 妻がマルチ商法にハマり、家を出るまでの2年間
民生委員の女性に誘われて
「それでね、X社だったの」
妻、「トンデモ」にハマる。きっかけはコーヒー浣腸
妻、「自然なお産」へ傾倒する
僕は布おむつを毎晩洗った
根拠のない「安全」に人は動く
洗剤、空気清浄機......、家がX社製品に占拠される
妻、目つきや顔つきが変わる
妻、ママ友に距離を置かれる
マルチ商法に染められていく我が家
娘は妻から口止めされていた
「洗脳されてる?」
妻、X社製品を処分したら寝込む
別居、そして妻からのメール
誰かに話すのは恥ずかしかった
僕、ついに頭突きしてしまう

第2章 離婚調停ー妻の身にいったい何が起きていたのか?
離婚調停の通知が届く
ママ友、近所の住人......、証言の数々
ニセ医学を検証する
調停は1年半の長期戦に
もはや限界、反対する夫はどう攻略されるか
僕、DVを疑われる
3分で終わった娘との再会
僕の知っている妻は死んだ
離婚成立

第3章 SNSで被害を発信しはじめたら起こったことー5人の被害者たち
1 燕さんと夫 2016年3月
2 群青色さんと親友 2016年3月
3 蜃気楼さんとお母さん 2017年12月
4 さやかさんと恋人 2018年10月
5 唯さんと友人たち 2019年6月

第4章 マルチ商法と社会の闇
みんな当事者であることに気づかない
若者だけではない、金欲しさだけでもない
今の時代の勧誘パターン
不安や不満にさりげなく近づく
価値観はかんたんに変わる
組織に属することの居心地の良さ
マルチ商法と自己責任論
騙す騙されるという日常
困っている人の声を受け止める社会に

終章 家庭崩壊した僕が、今伝えられること
僕の会ったことのない、妻のお父さんとお母さん
妻がかなえたかったものは
褒められること、認められること
X社コミュニティへの依存
娘の将来の夢
3年ぶりの再会

おわりに

   自分は大丈夫と自負していてもハマってしまうというマルチ商法。当事者のリアルな体験を知り、気を引き締めていきたい。


※画像提供:ポプラ社

  • 書名 妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。
  • 監修・編集・著者名ズュータン著
  • 出版社名ポプラ社
  • 出版年月日2021年1月13日
  • 定価本体1500円+税
  • 判型・ページ数四六判・270ページ
  • ISBN9784591168424

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?