読むべき本、見逃していない?

おけけパワーとは何だったのか? 「ジャン神」描き下ろしは綾城と中島の出会い編

 「#同人女の感情」

 月2回、オリジナル漫画『私のジャンルに「神」がいます』、通称「ジャン神」がツイッターで更新されるたびに、トレンドに入っていたこのタグに見覚えはないだろうか。「同人女の感情」とは、『私のジャンルに「神」がいます』の旧題であり、本作品のテーマでもある。

 憧憬、羨望、執着、嫉妬、そして、愛......同人活動をする人々が抱える生々しい感情を、見事に描いた「ジャン神」が、ついに単行本になった。

画像は、『私のジャンルに「神」がいます』(KADOKAWA)
画像は、『私のジャンルに「神」がいます』(KADOKAWA)

 『私のジャンルに「神」がいます』(KADOKAWA)が、2020年11月12日に発売される。

 類まれなる文章力で、二次創作界に君臨する天才字書き・綾城(あやしろ)。同ジャンルの人々は、彼女の作品に焦がれ、打ちひしがれていた。だんだん、綾城になれなれしくリプを飛ばす同人作家「おけけパワー中島」へ憎悪を抱くようになり......。

 天才字書きという「神」をめぐる、同人作家たちの葛藤を綴った連作である。本書の目次は、以下の通り。

第1話 天才字書きと秀才字書き
第2話 天才字書きのジャンル移動
第3話 7年前の本が欲しい
第4話 前人未到の0件ジャンル
第5話 初めての原稿地獄
第6話 素晴らしき過疎ジャンル
第7話 天才字書きのアンチ
第8話 天才字書きの生まれた日(書籍描きおろし)

番外編 SPECIAL DAY(ユリイカ2020年9月号初出)
番外編 綾城トピック
番外編 彼女と彼女の合同誌
番外編 おけけパワー
おまけ 友川の送ったマロ
おまけ オタク用語集

 ツイッターで毎話を楽しみに読んでいた人にこそ注目してほしいのは、やはり単行本描き下ろしの第8話「天才字書きの生まれた日」である。綾城と中島が出会ったばかりの時期、一体何があったのか。「ジャン神」読者の多くが気になっていたであろう過去が、ついに明かされる。

 まさに、オタク心を熟知した作者・真田つづるさん(ツイッターのアカウント名は「真田」)にしか描けない描き下ろしであることは間違いない。

 同人女の感情に、読んでいるこちらまで心がぐちゃぐちゃにされるあの感覚を、もう一度味わおう。


※画像提供:KADOKAWA

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?