本を知る。本で知る。

海外旅行できなくても「旅猫」カレンダーがあれば!

 国内旅行もためらわれる2020年9月現在、海外旅行なんて夢のまた夢......。終息の見通しも立たないなら、カレンダーで異国情緒を感じてみては?

画像は、『世界の旅猫カレンダー2021』(辰巳出版)
画像は、『世界の旅猫カレンダー2021』(辰巳出版)

『世界の旅猫カレンダー2021』(辰巳出版)が、 9月8日に発売された。犬猫写真家&エッセイストの新美敬子(にいみ・けいこ)さんが世界を旅して出会った猫たちを、大判で楽しめるカレンダーである。

 表紙は、マルタ共和国の首都・バレッタで出会った、しま模様の猫。高いところにある窓で、器用に寝ている姿がなんとも愛らしい。後ろ足をつっぱり、前足も窓格子にかけて窮屈そうな態勢なのに、だらりと垂れたしっぽや半開きの目を見ると、熟睡している様子。

 他にも、以下のような写真が収録されている。

画像は、『世界の旅猫カレンダー2021』(辰巳出版)より(以下、同じ)。1月、台湾の十分(シーフェン)にて
画像は、『世界の旅猫カレンダー2021』(辰巳出版)より(以下、同じ)。1月、台湾の十分(シーフェン)にて

2月、ポーランドのグダンスクにて
2月、ポーランドのグダンスクにて

5月、チュニジアのチュニスにて
5月、チュニジアのチュニスにて

11月、ギリシャのロドス島にて
11月、ギリシャのロドス島にて

 とじ込みポスターは、ポルトガルのリスボンで出会った猫。静かな住宅地でゆったりとたたずむ姿に心が和む。51×36センチと大判で、6月と7月の間にとじ込まれている。8月以降に、ホチキスを外して飾るのも素敵だ。

リスボンの中心地、ケーブルカーに乗り終点で降りると、そこにいたのは......
リスボンの中心地、ケーブルカーに乗り終点で降りると、そこにいたのは......

 新美敬子さんは、以下のようにコメントしている。

「世界には、いろいろな環境で暮らす猫たちがいる。性格もさまざま。彼らは、日常の自然な姿を見せてくれた。もしもあなたに気持ちの乗らない朝があったなら、『猫ちゃん、行ってくるね~』と、カレンダーの猫に話しかけてほしい。肩の力が抜けて、少し心が軽くなるかもしれない。このカレンダーが明るく1日のスタートを切るお手伝いができたらいいな、と思う」

 1年をかけて、世界中の猫と出会えるカレンダーの魅力をたっぷり味わってほしい。


※画像提供:辰巳出版

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?