読むべき本、見逃していない?

「お金がなくても幸せ?」 究極の問いを68人にインタビュー

 未知のウイルスによって一変した世界。昨日までの「普通」がどんどん失われていく。そんな状況でも私たちが欲しているものがあるとしたら、それは「お金と幸せ」ではないだろうか?

 

「『お金はあるに越したことはないけれど、すべてじゃないよね』。そんな言葉は聞き飽きた! 私たちが知りたいのは、もっとリアルで切実な本当のこと」

と力強いメッセージが打ち出された、不定期刊行のファッションマガジン「Maybe!」vol.9(小学館)が、2020年6月18日に発売された。

画像は、「Maybe!」vol.9(小学館)
画像は、「Maybe!」vol.9(小学館)

 今号の特集はズバリ、「お金と幸せ」。さまざまな角度からこのテーマに切り込み、他では見られないアーティストたちのリアルな姿を浮かび上がらせる。本誌では、「憧れのあの人は何にお金を使ってる? 68人に聞きました!」と題して、ミュージシャンや漫画家、気象予報士、弁護士など、さまざまなステージで活躍する68人に、お金についてインタビューしている。

 「ライフスタイルで何にお金をかけている?」「貯金はどのくらい?」「デートは割り勘派?おごる派?」など、聞きたくてもなかなか聞けないお金の話を大公開。

 大童澄瞳(漫画家)、pha(ふぁ・作家)、藤原史織(元・ブルゾンちえみ)、フワちゃん、村瀬紗英(NMB48)、YOU(50音順)ほか、バラエティーに富んだ人たちが、お金にまつわるエピソードや価値観を赤裸々に語ってくれる。狩野英孝、金属バットらお笑い芸人の、度肝を抜く貧乏エピソードも必見だ。

 特に、共通の質問10問に対する回答を68人分読んでみると、驚くほど多様な考え方があることに気づかされ、非常に興味深い。貯金ができないことに悩んでいた自分がばかばかしく思えてくる。

 他にも「お金と幸せ」をテーマに、最果タヒ、玉城ティナら豪華執筆陣が書き下ろしたエッセイや、気鋭のコントユニット・テニスコートによるリモート緊急座談会など、見どころが満載。まさに「お金と幸せ」のリアルに迫る、貴重な1冊だ。

※本文中の名前はすべて敬称略。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?