読むべき本、見逃していない?

村上春樹さんらが「震災」を語るトークイベント 22日に熊本で

 文藝春秋は2020年2月22日、熊本市内で小説家・村上春樹さん、写真家の都築響一さん、スタイリストの吉本由美さんによる「CREA〈するめ基金〉熊本」トークイベントを開く。

写真:都築響一
写真:都築響一

 16年4月14日に発生した熊本地震。その10カ月ほど前に同社の雑誌「CREA」の企画で村上さんは熊本を訪れていた。

 地震の5日後には村上さんの発案で「「CREA〈するめ基金〉熊本」が立ち上げられ、年末までに全国から1351万円ほどの支援金が集まった。使い道はメンバーで話し合い、村上さんはかつて夏目漱石が住んでいた住居の復旧、吉本さんは深刻な被害を受けた「熊本市動植物園」の支援、都築さんは熊本を盛り上げる音楽イベントの支援を軸に、現地を訪ねるなどして活動を続けている。

 この2月で支援金をすべて使い切ることになり、今回のトークイベントでは、支援先の復旧状況などの報告もする予定。会場は熊本市内にある築140年以上の木造建築「早川倉庫」。18時30分スタート(開場17:30)予定。定員は250人で一般の応募も受け付けている。締め切りは2月10日。

 村上さんは基金開設の折に、次のように語っていた。

「何か少しでもお役に立てればという気持ちでいっぱいです。〈するめ基金〉といってもべつに本物のするめを送るわけではありません。するめを噛むみたいに、じっくりたゆまず支援を進めていきましょう」

 基金に関するお問い合わせ先は「CREA〈するめ基金〉熊本」

イベントの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?