読むべき本、見逃していない?

「寅さん」撮影の最後の日々をこの目で見た

 奇跡の「国民的映画」はどのように生まれたのか? 「男はつらいよ」50作を記念した企画や特集が目立っている。本書『「男はつらいよ」50年をたどる。』(ポプラ社)は映画誕生秘話から渥美清の知られざるエピソード、「山田洋次監督論」から作品解説まで網羅したもの。多数の著書がある映画評論家、都築政昭氏による『男はつらいよ』評論の決定版だ。

tora.jpg
写真は『「男はつらいよ」50年をたどる。』(ポプラ社)

 本書は「第1部 寅さんの風景」「第2部 『男はつらいよ』秀作篇」「第3部 山田洋次の風景」に分けて寅さん映画の秘密に迫る。

 著者は渥美清さんの最後の作品となった「寅次郎紅の花」の撮影時に何度も大船に通った。すでに肺がんが進行していて、撮影の合間は控室で休んでいた。しかし、出演の声がかかると、テンポの速いセリフを畳みかけた。さすが名優の変わり身の早さと感心したという。

 「私は、寅さんの撮影の最後の日々をこの目で見た。それは渥美さんの崇高な姿であった」と思い出を書いている。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?