読むべき本、見逃していない?

子どもや孫と一緒に楽しめる!プラバンで小物をつくってみた

 大人と子どもが一緒に楽しめる工作として人気があるプラバン。薄いプラスチックの板を好きな形に切ってオーブントースターで加熱し縮ませることで、手作りのキーホルダーやヘアアクセサリーにして楽しめる。バレンタインの贈り物に、かわいいいアクセントとしてプラバン小物を添えるのもいいかもしれない。

20191224180519359_0001.jpg
『親子でつくるプラバン小物』(講談社)

 素材は100円ショップやホームセンターで手に入るため、手軽さも魅力なのだが、思ったより板が縮みすぎて失敗したり、色がきれいに出なかったりする場合もある。子どもの工作だし、まぁこんなものか......とあきらめていた人は、『親子でつくるプラバン小物』(講談社)を見てほしい。本書には、基本の材料から道具、つくり方から70点以上の小物のアイデアと実物大の型紙までが書かれている。

20200102_102719.jpg
型紙から絵をうつして切っている様子(撮影:BOOKウォッチ編集部 以下同)

 プラバン初心者の編集部員が6歳の子どもと一緒につくってみた。ひとつはフライパンに目玉焼きがのる仕組みのキーホルダー。着色は、加熱後に水性のポスカを使う。色が剥げないように透明なマニキュアを塗って仕上げる。

20200102_115953.jpg
加熱後にポスカで着色
20200104_095729.jpg
フライパンと目玉焼きのキーホルダーが完成

 もうひとつは、洋服型の着せ替えマグネット。途中、プラバンを加熱しすぎてシワシワになったり、割れたりなど何回か失敗しながらも夢中つくっていたら2時間以上かかってしまった。でも出来上がりは見栄えが良く、かなりの達成感がある。

20200104_153731.jpg
プラバンの裏にマグネットを貼ってつくった着せ替えマグネット

 同じ型紙でも、色を変えれば何通りにもなる。寒くて外では遊びたくないなぁという日に、子どもやお孫さんと一緒に楽しんでみては。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?