本を知る。本で知る。

都内に7か所以上ある幽霊坂。タモリが選んだ「幽霊坂キング」はどこ?

お江戸・東京 坂タモリ 港区編

   自らを「坂道写真家」と名乗るタモリさん。坂道愛が止まらない。

   2022年10月12日、タモリさんの18年ぶりの著書『お江戸・東京 坂タモリ(港区編)』(ARTNEXT)が発売された。

book_20221014120944.jpg

   「港区の名坂」87坂、「坂道歴史散歩」14コースを収録。タモリさんの丁寧な解説とともに坂がたっぷり紹介されている。

   タモリさんと2人で結成した「日本坂道学会」会長・山野勝さんが監修を務める。坂道の楽しさと二人の仲の良さが伝わる対談も収録されている。

こんな風情のある坂は珍しい

   掲載されている坂の写真は、タモリさんが自らカメラを携えて深夜や早朝の東京の路地裏で撮影したもの。特に一番のお気に入りだという三田の「幽霊坂」には3度も足を運んだという。

book_20221014121014.jpg

   墓地の脇を抜ける坂道をしばしば「幽霊坂」と呼ぶが、三田の幽霊坂は2つの坂がT字路をなしていて、そこに小さな寺が道を挟んで並んでいる。「こんな風情のある坂は珍しい」とタモリさん。都内に7か所以上あるという幽霊坂のうち、この三田の幽霊坂が「ベストに違いない」と確信し、山野会長と協議。結果、「幽霊坂キング(ベスト・オブ・幽霊坂)」に決まったと本書で報告している。

   ちなみに山野さんは、17年間東京の有名カルチャースクールで「坂歩き講座」を続けている坂道マスターだ。江戸の古地図と現代MAPの完全比較や坂歩きコースを監修している。30年前に銀座のバーで出会ったという2人の巻頭対談では、「日本坂道学会」の誕生秘話や坂歩き健康法について語られる。

book_20221014121028.jpg

   また、「坂道学会」結成30周年を記念して、「坂道オンライン講座」が開設された。遠方の人や体力に自信のない人でも、動画で坂歩きを楽しめる。

講座「お江戸坂道・歴史散歩」

日本坂道学会YouTubeチャンネル

book_20221014121043.jpg

   タモリさんの18年分の坂道への愛があふれ出ている本書。もしかしたら、あなたの知っているあの坂道がのっているかも?


※画像提供:ARTNEXT


 
  • 書名 お江戸・東京 坂タモリ 港区編
  • 監修・編集・著者名タモリ 著
  • 出版社名ARTNEXT
  • 出版年月日2022年10月12日
  • 定価1650円(税込)
  • 判型・ページ数B5判、100ページ
  • ISBN9784910825052

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?