本を知る。本で知る。

エッセンス・オブ・アジアに選ばれた名店「なつかしゃ家」店主に教わる奄美ごはん

健康・美肌・長寿の島の贈り物 奄美ごはん

   鹿児島県奄美市にある郷土料理の名店「なつかしゃ家」。伝統の料理法を守り、本物の香りと味付けを誇り、地域社会に活気を与えて続けてきたアジアの台所にとって不可欠なレストランに贈られる「エッセンス・オブ・アジア」にも選出されるほどの名店だ。もちろん、奄美でも多くの人の胃袋を掴んでいる。

book_20220921165959.jpg
「健康・美肌・長寿の島の贈り物 奄美ごはん」(恵上イサ子/著)(東京ニュース通信社発行)以下同。

   2022年10月3日発売の『健康・美肌・長寿の島の贈り物 奄美ごはん』(東京ニュース通信社)では、本店の店主・恵上イサ子さんが、奄美料理のレシピや食文化を紹介していく。

book_20220921170042.jpg

   「長命草」「みき」など健康食品としても注目の食材や、「鶏飯」「焼酎」「黒糖」など奄美で人気の食材を生かしたレシピを紹介。また、健康や美肌、長寿の秘訣となる食文化も教えてくれる。

book_20220921170105.jpg

book_20220921170124.jpg

book_20220921170142.jpg

book_20220921170202.jpg

book_20220921170225.jpg

   著者の恵上イサ子さんのメッセージは以下の通り。

奄美には独特の食文化があります。長寿の島といわれる理由とも思われる、健康によい食材にも恵まれ、この土地で生まれ育った私は古希を迎える年代ですが、風邪など滅多にひきません。

本書には、日頃から料理に向き合う中で大切にしていることを込めました。レシピだけでなく、食材のこと、特産品や文化のこと、さまざまな紹介もございますので、どれか一つでも興味を持っていただき、奄美を身近に感じていただけますと幸いです。

恵上イサ子
book_20220921170243.jpg

   健康に良い奄美の料理を家で味わうことができる。そして、読むと旅行に行きたくなる、豊かな食文化も紹介されている。ぜひとも、奄美の名店の魅力に浸ってほしい。

■恵上イサ子(えがみ いさこ)さんプロフィール
奄美大島の郷土料理の店「なつかしゃ家」店主。中学校の校長を定年退職後、奄美の食文化を後世に伝えるべく、2012年、古民家を改築した「なつかしゃ家」をオープン。今も数多くの教え子たちが恵上先生を慕って訪れる同店は、地元住民、観光客だけでなく、名だたる著名人にも愛される名店に。2021年にはアジアの豊かな食文化を伝えるレストランのリスト「エッセンス・オブ・アジア」にて、日本からの6 店舗にも選出される。一度訪れた人はイサ子さんに会いに行きたくてまた足を運ぶといわれ、いつでもおかえりと迎えてくれる奄美のあんまぁ(お母さん)。


※画像提供:東京ニュース通信社


  • 書名 健康・美肌・長寿の島の贈り物 奄美ごはん
  • 監修・編集・著者名恵上 イサ子 著
  • 出版社名東京ニュース通信社
  • 出版年月日2022年10月13日
  • 定価2200円(税込)
  • 判型・ページ数A5判、128ページ
  • ISBN9784065295069

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?