本を知る。本で知る。

奇抜すぎる「おばあめし」、試される孫。おにぎりに貼り付けたのは?

おばあめし

   大阪生まれのフリーライター、大迫知信さんは、約10年間祖母の料理を食べ続けてきた。その「おばあめし」がなんとも攻めている。

book_20220916155437.jpg

   奇抜でぶっ飛んだ料理に、孫の大迫さんのツッコミが炸裂する。ちょっと変わったグルメ写真エッセイとして1冊にまとめられた。それが本書、『おばあめし おばあと孫の、オモロイ関係。』(清流出版)だ。

   祖母がつくるおにぎりを、これまでに6000個以上食べ続けているという大迫さん。自身のウェブサイトやSNSでも「最近のおばあめし」を公開している。きゅうりやナスで不気味な顔をつけてみたり、牛筋煮込みやホタルイカなど変わった食材を具にしてみたり、おばあの発想は自由だ。

book_20220916153641.jpg
顔おにぎりのパーツはソーセージ。刻みのりでリアルな髪の毛を再現。インパクト抜群だ。

book_20220916153724.jpg
イカ天スナックをそのまま貼り付けたおにぎりも登場。

   おばあはイカ天スナックが大好きで、ボトルごと大人買い。ボトルを抱えてポリポリ食べていたかと思えば、なんとおにぎりに...!

book_20220916153752.jpg
おばあのカレーの進化の歴史も紹介。

   牛すじ入りや赤飯を使ったカレーを経て、最近たどり着いたのはレトルトカレー。しかし、これも「退化」でなく「進化」なのだ。

   読んでいて楽しくなるツッコミと写真が満載の本書。自分でも試してみたくなる料理もあるかも?

■大迫知信(おおさこ・とものぶ)さんプロフィール
1984年、大阪府生まれ。フリーライター、京都芸術大学非常勤講師。大阪工業大学大学院修了、技術職として沖縄電力勤務。3年で退職し、京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)に入学。生活費を浮かすために、実の祖母の手料理を食べ始める。大学卒業後はフリーライターとして、体当たり取材もいとわず、書籍のブックライターから紙媒体、Webまで幅広く活躍中。

book_20220916153821.jpg


※画像提供:清流出版


 
  • 書名 おばあめし
  • サブタイトルおばあと孫の、オモロイ関係。
  • 監修・編集・著者名大迫知信&おばあ 著
  • 出版社名清流出版
  • 出版年月日2022年9月14日
  • 定価1760円(税込)
  • 判型・ページ数A5判、160ページ
  • ISBN9784860295301

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

エッセイの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?