本を知る。本で知る。

人生の最期には、何を食べたい? 在宅医の実話エピソードがねこのマンガに。

ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう

 あなたは人生の最期に何を食べたいですか?

 「たんぽぽ先生」こと永井康徳さんは、愛媛の在宅医。永井さんと患者さんたちの実際のエピソードをねこの物語として描いたマンガ『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう』(主婦の友社)が発売された。


 本書は第1弾『ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで』に続く続編。第1弾は、第37回愛媛出版文化賞奨励賞を受賞した。

 永井さんは医師として、愛媛で20年以上在宅医療に取り組んでいる。現在は総勢約100名の多職種のスタッフと、「ゆうの森 たんぽぽクリニック」を拠点に、地域の患者さんを診察している。第2弾となる本書では、研修医2人が仲間入り。患者さんとの出会いを通して、看取りについての考えを深めていく。


 本書のテーマは、「さいごまで好きなものを食べる」、そして「どんな状態でも生きがいをみつけ、後悔しないように生きること」だ。

 登場する患者さんは26歳~104歳。年齢だけでなく、置かれた状況もさまざまだ。一人一人背景が異なり、正解のない「看取り」。たんぽぽ先生たちは、どう患者さんたちと向き合っていくのか。


 マンガは、『ねことじいちゃん』シリーズでも知られるミューズワークのねこまきさん。柔らかな表情のねこたちに、心があたたかくなる。

 各マンガには、たんぽぽ先生の解説コラムがついている。さらに、在宅医療に関するはじめてでもよくわかる基礎知識のQ&Aも収録。限りある命を後悔しないために、知っておきたいことを教えてくれる。


永井康徳さん
永井康徳さん

■永井康徳(ながい・やすのり)さん
医療法人ゆうの森理事長/たんぽぽクリニック医師
2000年に愛媛県松山市で在宅医療専門クリニックを開業。職員3人、患者ゼロからスタートする。
「理念」「システム」「人財」において、高いレベルを維持することで在宅医療の質を高めることを目ざし、現在は職員数約100人となり、多職種のチームで協働して行う在宅医療を主体に入院、外来診療も行う。
「ねこマンガ在宅医たんぽぽ先生物語さいごはおうちで」は、2022年1月愛媛出版文化賞奨励賞を受賞。著書「たんぽぽ先生の在宅医療エッセイ~在宅医療で大切なこと」の部門賞と合わせてダブル受賞となった。
2021年YouTubeチャンネル「たんぽぽ先生 おうち看取りのすすめ」を開設。
ベストセラーシリーズ「たんぽぽ先生の在宅報酬マニュアル 第7版」を2022年6月に出版するなど、様々な角度から在宅医療の普及にアプローチする。


※画像提供:主婦の友社


   
   
  • 書名 ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 おうちに帰ろう
  • 監修・編集・著者名永井康徳 著 ミューズワーク(ねこまき) マンガ
  • 出版社名主婦の友社
  • 出版年月日2022年9月 1日
  • 定価1595円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・160ページ
  • ISBN9784074525706

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?