本を知る。本で知る。

首都直下型、南海トラフ... いつか起きる大地震で圧死しないための部屋づくり「5つのポイント」

プチプラで「地震に強い部屋づくり」

 地震による死亡原因として最も多いのが「圧死」だ。阪神・淡路大震災で亡くなった方の77%が窒息・圧死だといわれている。首都直下型地震や南海トラフ地震など、この先30年間に発生する確率は70~80%と予想される今、部屋の家具の配置を見直しておきたい。

book_20220822145634.jpg

 2022年8月10日発売の『プチプラで「地震に強い部屋づくり」』(扶桑社)では、レスキューナースの辻直美さんが地震に強い部屋作りのポイントを解説する。

 地震が起きたときの「落ちる」「倒れる」を防ぐポイントは以下の5つ。

腰より高い位置に重いものを置かない
家具の重心を低くする
玄関までの避難路の確保
寝る前だけ片づける
どこか1か所「安全地帯」をつくる

 一見、片付いた部屋。こんなふうに整頓されていても、防災的にはNGになりうる。

book_20220822145722.jpg

 飾り棚は地震の揺れでものが落ちる可能性があり、危険だ。

 続いてこちら。どこがNGなのか、わかるだろうか。

book_20220822145813.jpg

 ハンギングプランツに陶器の器が使われており、ソファの上につるされているので危ない。

 また、見せる収納は便利だが、地震の際には凶器となりうる。

book_20220822145841.jpg

プチプラ防災、やるとやらないとでは大違い

 地震に強い部屋にするためには、お金がかかるわけではない。辻さんの防災術は100円ショップで買ったS字フックや滑り止めシートを駆使する。

 2018年6月18日に震度6弱の大阪府北部地震が起きたときに、辻さんとお隣の家の様子を記録したものがこちら。同じ間取りでも被害の差が異なる。

<キッチンの様子>

 辻家は調味料のボトルが4本倒れただけだが、お隣は食器が割れて危険な状態に。

book_20220822145941.jpg

book_20220822145956.jpg

<寝室の様子>

 辻家は変化なし。お隣はベッドの上にタンスが倒れている。

book_20220822150104.jpg

book_20220822150127.jpg

 非常用のバッグなどを用意している方もいるかもしれないが、ぜひお部屋の家具もチェックしてほしい。本書に掲載されている防災は、日常的なアイテムでできることばかり。いつ起きるかわからない地震に備えて、できることから着手しよう。


※画像提供:扶桑社


 
  • 書名 プチプラで「地震に強い部屋づくり」
  • 監修・編集・著者名辻直美 著
  • 出版社名扶桑社
  • 出版年月日2022年8月10日
  • 定価1320円(税込)
  • 判型・ページ数四六判
  • ISBN9784594092634

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?