本を知る。本で知る。

残暑おしゃれは「ちょい変え」で涼しさと季節感を両立!

LEE 2022年9月号

   お盆休みも終わり、仕事モードへとスイッチしなきゃ......というこの時期。まだまだ暑さは厳しいけれど、日常のコーデに少し秋らしさも取り入れて、次の季節へ気持ちを持っていくのはどうだろう。

   今回は、「LEE」9月号(集英社)と「VERY」2022年9月号(光文社)から、厳しい残暑を乗り切りつつ秋らしさも取り入れられるコーデのコツを紹介したい。

ワークシャツ1枚をふわりと

   「LEE」の目玉特集「残暑おしゃれの賞味期限を延ばす! 即効アイデア56」は、まさに晩夏の日常コーデをぐっと垢抜けさせてくれるアイデアの宝庫。

   暑さはまだ厳しいけど、涼しさ優先の服ばかりだとマンネリ気味......そんなときに少しだけ「次の季節におしゃれを進める」ための着こなしが、豊富に掲載されている。

book_20220817122445.png

   中でも簡単かつ効果的な「ちょい足し」の1つが、「薄軽ビッグシャツ」。着慣れたいつものTシャツ+デニムに、抜け感のあるワークシャツをふわりと羽織れば、一気に秋っぽい装いにシフトできるという。

   たとえば、ピンクのTシャツにカーキのシャツを投入すると、ちょうどいい甘さに。シルエットにも今っぽいリラックス感を加えられ、洒落感がぐっとアップするそうだ。

   さらに、「体感温度はそのままに旬度を高める」技として紹介されているのが、秋色トップスなどへの「ちょい変え」。ボトムは夏の定番のまま、シックなカラーのトップスに差し替えることで簡単に印象を刷新できるとのこと。

   そこで夏の終わりから活躍するアイテムの1つとしておすすめされているのが、サラリとしたコットンニットである。ガーター編みのニットなら肌に接する面が少なく、爽やかな着心地が楽しめる。涼感と季節感を両立できるのだ。

   たとえば、ブラウンの半袖コットンニット+白のロング丈スカートという上品な組み合わせなら、通勤スタイルや保護者会シーンにもぴったりとのこと。バッグもブラウンのものを合わせたい。

「全身ネイビー×ゆるシルエット」でバランスよく

book_20220817123129.png

   「VERY」では「学校ネイビーだって多様化の時代です!」と題し、ママ業にも適したネイビーアイテムの選び方を提案している。

   「ネイビーとは切っても切れない間柄だとしても、ランドセルと同じようにいろんな選択肢があっていいはず!」

   フォーマルな場での無難なネイビー......ではなく、黒にはない魅力を求めて、あえての「前向きネイビー」を推奨しているのだ。ここにも、厳しい残暑を涼しく乗り切れるアイデアが。ポイントは「全身ネイビー×ゆるシルエット」だ。

   ジャケットのような雰囲気のあるネイビーのロングジレなら、ノースリーブ姿でもきちんと感を演出できる。同色のロングパンツを合わせて、肌露出を抑えつつ涼しさも確保するという優秀なコーデだ。

   他にも、子どもと運動する日にも活動しやすいジョガーパンツ×半袖カットソーや、学校から職場へ向かう日にコンサバになりすぎないニットベスト×スカートなど、ネイビーの真面目さを活かしつつゆるめのシルエットを作ることで、バランスをとるスタイルが数多く紹介されている。

   残暑厳しい季節に、ほんの少しの秋らしさを忍ばせる「ちょい足し」や「ちょい変え」のアイデア。1アイテムから実践できるので、気軽に試してみたい。


※画像提供:光文社、集英社


  • 書名 LEE 2022年9月号
  • 監修・編集・著者名LEE 編集部 編
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2022年8月 5日
  • 定価730円(税込)
  • 判型・ページ数181ページ

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ファッション・コスメの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?