本を知る。本で知る。

プロパガンダにだまされるな。元ロシア公使が語るウクライナ戦争『日本がウクライナになる日』

日本がウクライナになる日

 2022年4月22日、CCCメディアハウスより、『日本がウクライナになる日』(河東哲夫)が緊急出版された。

book_20220428134556.jpg
『日本がウクライナになる日』(河東哲夫)

 河東哲夫さんは、ソ連・ロシアに4度駐在し、12年間を過ごしてきた元在ロシア大使館公使。「ニューズウィーク日本版」編集長・長岡義博さんも推薦する本書では、その河東さんが、歴史・軍事・地政学に基づいてロシア・ウクライナ関係を多角的に分析し、ウクライナ戦争と日本の今後、そして、私たちの自由と民主主義を守るために、知るべきこと、考えるべきことを徹底解説している。

◎ なぜプーチンは戦争に打って出た? ⇒ 「ロシア帝国」というロシア観
◎ バイデンは「梯子を外した」のか? ⇒ 日本人は「同盟」を理解していない
◎ ウクライナは今からNATOに入れない? ⇒ 病人は保険に入れない
◎ 中国はロシアにつく? ⇒ 裏切る可能性あり
◎ 日本の安全保障は?⇒ 米国の庇護下にあると思い込んでいる現状は危険

 地政学、歴史、経済といった多角的視点から「複雑なロシアの事情」を明快に伝える。そのうえで、国際社会との関係を再考し、今後、日本の私たちはどこに焦点を当てながら、ニュースを見、政治を考えていけばよいのかがわかる一冊だ。

■河東哲夫(かわとう・あきお)さんプロフィール
外交評論家/作家
1947 年、東京生まれ。東京大学教養学部卒業後、1970 年、外務省入省。ソ連・ロシアには4度駐在し、12 年間を過ごしてきた。東欧課長、ボストン総領事、在ロシア大使館公使、在ウズベキスタン・タジキスタン大使を歴任。ハーバード大学、モスクワ大学に留学。2004 年、外務省退官。日本政策投資銀行設備投資研究所上席主任研究員を経て、評論活動を始める。東京大学客員教授、早稲田大学客員教授、東京財団上席研究員など歴任。著書に、『遙かなる大地』(熊野洋の筆名によるロシア語小説、日本語版、草思社)、『意味の解体する世界へ』『新・外交官の仕事』『ワルの外交』『米・中・ロシア虚像に怯えるな』( いずれも草思社)、『改訂版 ロシアにかける橋』(かまくら春秋社)、『ロシア皆伝』(イースト新書)、『よくわかる大使館』(PHP 研究所)他。「ニューズウィーク日本版」(CCC メディアハウス)でコラムを執筆。「現代ビジネス」(講談社)、「週刊エコノミスト」(毎日新聞出版)などに寄稿。まぐまぐ社からメールマガジン「文明の万華鏡」を発行。マルチリンガルのオピニオンサイト www.japan-worldtrends.com を主宰。
画像提供:CCCメディアハウス
  • 書名 日本がウクライナになる日
  • 監修・編集・著者名河東哲夫(著/文)
  • 出版社名CCCメディアハウス
  • 出版年月日2022年4月25日
  • 定価1430円(税込)
  • 判型・ページ数四六判 160ページ
  • ISBN9784484222141

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ノンフィクションの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?