本を知る。本で知る。

子どもの可能性を伸ばす、「子ども時代に読みたい本」151冊

AERA with Kids 2022年 春号

 小学生や未就学児を持つママ・パパたちに子育て情報を届ける「AERA with Kids 2022年春号」(朝日新聞出版)が、3月3日に発売された。第1特集は「子ども時代に読みたい本151冊」。Snow Manの阿部亮平さん、伊沢拓司さんをはじめとするQuizKnockのメンバー、絵本作家のtupera tuperaさん、はやぶさ2プロジェクトマネージャの津田雄一さんら著名人が、おすすめ本を紹介している。

 さらに、「子どものベスト行動&生活習慣」を網羅した企画や、小学生の人間関係をどう見守るかを考える企画など、子育ての強い味方になる情報が盛りだくさんだ。


著名人や専門家が子ども時代におすすめの本を紹介

 「子ども時代に読みたい本151冊」に登場した阿部亮平さんは、「子ども時代にたくさん本を読むことは、将来の語彙力や話し方をつくるための大切な要素だ」と言う。阿部さんをはじめとした著名人たちが、子どもの頃に読んだおすすめの本たちを紹介し、その本が自分の人生に与えた影響を語った。

 さらに、代官山蔦屋書店のキッズコンシェルジュなど、プロが選んだ本もジャンルごとに掲載。子どもの体験型学習を手がけている探究学舎が選ぶ、「本+体験」のセットでおすすめしたい本も。全151冊のなかに、子どもたちに読ませたい本が必ず見つかるはずだ。

 本に関しては、子どもが本好きになるための、親子の会話や本棚のつくり方も紹介。子どもの読解力を伸ばす「読み聞かせ」や「音読」のテクニックも、専門家がたっぷりと解説している。

気になる子どもの生活習慣、人間関係も特集

 保存版のBook in Bookでは、「子どものベスト行動&生活習慣60」を特集。睡眠、食事、運動、メンタル、勉強、遊びのジャンルごとに、新年度が始まるいま見直したいチェックポイントを、専門家の監修のもと紹介している。「ゲームは遅くても寝る30分前には終わらせる」「入浴は寝る90分前まで」「寝る前に3行ポジティブ日記を書く」など、実践的なおすすめ行動が満載だ。

 新学期、不安定になりがちな子どもの人間関係。「新年度の不安を解消! どう見守る? 小学生の人間関係」で、子どもの人間関係との向き合い方を特集している。また気になる中学受験についても、親の心構えや受験の決め手などを「我が家はどうする? 中学受験する? しない?」でまとめている。

 2本のスペシャルインタビューには、ママでシンガー・ソングライターのAIさんと、東大卒でピアニストの角野隼斗さんがそれぞれ登場。AIさんは、子どもたちには毎日必ず「大好き!」と伝えてハグしているそう。ママとしてのAIさんから、子どもとの接し方のヒントをたくさん得られるはずだ。角野さんは「ピアノ好きは母から、算数好きは父から」譲り受けたと言う。子どもの才能はいかに開花させられるかがわかるインタビューとなっている。

 そのほか、今号には以下のような企画を掲載している。

楽しみながら基礎力が上がる 算数&漢字ゲーム
自分と向き合い、仲間と成長できる 寮のある学校
ラケット・スティックを使うスポーツの習い事
きょうこ先生と中学受験のぞき見
みんな一緒にTalking! 子育て×ママ友
花まるTALK 高濱正伸×秋元里奈(食べチョク代表)
tomekkoの脱・カンペキ親修行
親子で語るニュースのキーワード「統計不正」

※画像提供:朝日新聞出版


  • 書名 AERA with Kids 2022年 春号
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2022年3月 3日
  • 定価998円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

AERAの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?