本を知る。本で知る。

3人の息子をスタンフォード大学に合格させたアグネス・チャンの、「0歳」の育て方

スタンフォード大学に3人の息子を入れた 賢い頭としなやかな心が育つ 0歳教育

 歌手でエッセイストのアグネス・チャンさんは、3人の息子をアメリカのスタンフォード大学に入学させ、自身も同大学で教育学博士号を取得するなど、教育家としても知られる。アグネスさんの新著『スタンフォード大学に3人の息子を入れた 賢い頭としなやかな心が育つ 0歳教育』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、アグネスさんが学び、実践してきた「赤ちゃんの育て方」にフォーカス。子どもの才能を最大限に引き出す育児法が満載だ。


 0歳からもう教育? と思うかもしれないが、本書での「教育」は「子どもがもともと生まれながらにして持っている才能や可能性を最大限に伸ばすこと」。頭脳に限らず、心、体など、子どもの可能性を引き出すには、乳幼児期は最も大切な時期だ。

 子どもの脳の発育の80%は、3歳までに完成すると言われている。またユニセフは、人生最初の1000日が赤ちゃんの一生に影響を与えるとの研究結果を発表している。お母さんのお腹で生命が誕生してから、およそ2歳過ぎまでが1000日だ。この時期に愛情とケアを受け、栄養が足りている赤ちゃんは、人生の良いスタートを切ることができる。学校の成績や成人後の平均収入、健康にも影響する可能性があるそうだ。

 本書では、アグネスさんの教育学博士としての知見と、自身の子育ての経験をもとにした、妊娠から出産後12カ月までの育て方を紹介している。

・見る、聞く、触る、味わう・・・様々な感覚を刺激する。
・たくさん話しかけ、歌ってあげる。
・笑ったり、驚いたり。お世話をする時は、表情を大袈裟にする。
・目に見える様々なものの名前を口にする。「これはウエットティッシュ。濡れているね」「これはペーパータオル。乾いているね」など。
・行動しながら、何をしているか口にする「ママは今、ドアを開けるよ」「今、明かりをつけるよ」など。
・赤ちゃんの手の指を刺しながら「ひとつ、ふたつ、みっつ」と数えてあげる。
・くすぐることで予測力を鍛える
・「どうしましょう?」と赤ちゃんに相談する
・英語を音楽のように聞かせる など

【目次】
はじめに
第1章 妊娠中の生活と新生児
第2章 0歳児から親子関係をつくる
第3章 0歳児から感情と社会性を身につけさせる
第4章 脳と知性を成長させる
第5章 授乳・寝かしつけなどのお世話をする
第6章 産後の心配事あれこれ
おわりに

■アグネス・チャンさんプロフィール
 歌手・エッセイスト・教育学博士
 香港生まれ。1972年『ひなげしの花』で日本デビュー。上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。85年に結婚、翌年の86年に長男を出産。89年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。留学中の89年に次男を出産。94年に教育学博士号(ph.D)を取得。96年に三男を出産。以降、芸能活動ばかりでなく、エッセイスト、日本ユニセフ協会大使、日本対がん協会「ほほえみ大使」など幅広く活躍。息子3人全員がスタンフォード大学に合格したことでも話題に。著書に『スタンフォード大に三人の息子を合格させた50の教育法』(朝日新聞出版)など多数。2022年に日本デビュー50周年を迎えた。

アグネス・チャンさん
アグネス・チャンさん
アグネスさんと3人の息子たち
アグネスさんと3人の息子たち

※画像提供:ディスカヴァー・トゥエンティワン


  
  • 書名 スタンフォード大学に3人の息子を入れた 賢い頭としなやかな心が育つ 0歳教育
  • 監修・編集・著者名アグネス・チャン 著 ヘレン・チャン 監修
  • 出版社名ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 出版年月日2022年2月18日
  • 定価1650円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・248ページ
  • ISBN9784799328255

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?