本を知る。本で知る。

東京メトロに乗って、あの街へ。ガイドにもなる「#東京デートストーリー」

恋が生まれたこの街で

 浅草、上野、神保町、銀座、荻窪、四谷三丁目、根津、後楽園、新宿、八丁堀、北千住......。「愛とか、恋とか、好きとか、嫌いとか、"東京"が全部教えてくれた」

 カツセマサヒコさん、shin5さん、りょかちさんによる『恋が生まれたこの街で #東京デートストーリー』(株式会社KADOKAWA)は、東京メトロ50の駅が登場する、18の短編デート小説。

 「デート気分が味わえる!」「コロナ禍が明けたときのシミュレーションができる!」と話題で、刊行から1ヵ月経たずして重版が決定した。

 「よく知る駅も、登場人物の目を通すと、新しい発見があるかもしれません。メトロに乗って、一緒に街を巡ってみませんか?」

東京メトロ50の駅、実在するお店が登場

 本書は、東京メトロが運営するインスタグラム「@tokyodate_metro(東京デートストーリー/東京メトロ」で2019年10月から2021年3月まで連載された17篇を加筆・修正のうえ、再構成したもの。さらに、カツセマサヒコさんによる書き下ろしを追加。

 物語には、東京メトロ50の駅をはじめ、実在するお店やスポットが登場。付き合う前の食事デート、一緒に暮らすための雑貨を買いに行くデート、将来を想像しながらのんびり過ごすデート......と、いろんなデートを疑似体験できる。

■目次
chapter01 彼女は僕より本が好きだから
chapter02 まだ見てなかったものを探しに
chapter03 今日だけは先を歩きたい
chapter04 まるであの頃の二人のように
chapter05 今のままでも、大人になっても
chapter06 あなたはいつも正しいよ
chapter07 娘がハタチになりまして。
chapter08 ゆっくりと時間が流れる場所を探して
chapter09 答えなんて、出なくても。
chapter10 「またね」が言えなくなる前に
chapter11 「また来ようね」と言える幸せ
chapter12 だからこれからもよろしくね
chapter13 予想外の雨が教えてくれたこと
chapter14 飽きっぽい私たち
chapter15 東京を、もっと知りたくなった夜
chapter16 腹が空くまで歩こうよ
chapter17 未来に続く道で、ふたつ
巻末書き下ろし小説 昔行ったあの店がなくても
メトロの雑学

※18篇のうち、13篇をカツセマサヒコさん、1編をshin5さん、4篇をりょかちさんが執筆。
※本書に登場するお店やスポットは、2021年12月17日時点の情報。


book_20220224133343.jpg
東京メトロ内の路線で中づり広告も登場(路線や時期は未定)

まだ行ったことのないところに行こう

 ここでは、「chapter01 彼女は僕より本が好きだから」を紹介しよう。

 僕と彼女は恋人になって4年。その日、「まだ行ったことのないところに行こう」という彼女の提案に乗り、メトロの24時間券を買った。銀座線に乗り、浅草駅から徒歩3分。隅田川沿いにある「スケロクダイナー」へ。レンガ調の外観が趣深く、3階まで吹き抜けになった天井が心地いい。

 「彼女は綺麗に盛り付けされたアボカドトーストを頬張りながら、『なんか今日、イイ日になりそう』と嬉しそうに言った」

 よく意見が食い違う僕と彼女が、どうして4年も付き合っているのか。それは「本が好き」という共通点があるから。

 「浅草文化観光センター」の屋上から雷門周辺の賑わいやスカイツリーを一望した後、「落ち着いて本を読める場所」を探した。そして新宿の「BOOK AND BED」へ。受付横のロッカーが隠し扉になっていて、重い扉を開けると、開放的な空間が広がっていた。ベッドの周囲には独特のセンスで選書された本が並ぶ。

 「僕はカフェラテをカウンターに置くと、隅から隅まで本棚を覗く彼女の横顔を眺めた。なんだか、機嫌が良さそうだ」

 本書は「物語に出てきたお店リスト」付き。いくつかお店のサイトを見てみたが、どこも見事におしゃれ。コロナ禍が落ち着いたら、気になったところを巡ってみるのもおすすめ。

 自分の恋が生まれた街を思い出したり、これから生まれるかもしれない恋を想像したり......。本の中で「気分を味わう」のもいいものだ。


book_20220224133615.jpg

■カツセマサヒコさんプロフィール
 1986年東京都生まれ。一般企業勤務を経て、2014 年よりライターとして活動開始。20年刊行の小説家デビュー作『明け方の若者たち』(幻冬舎)が大ヒットを記録し、映画化。21年にはロックバンドindigo la Endとのコラボレーション作品として2作目となる小説『夜行秘密』(双葉社)を刊行。東京 FM のラジオパーソナリティや雑誌連載など、活動は多岐にわたる。

■shin5さんプロフィール
 都内で会社員をしながらなにげなく始めた、妻と3人の子どもとの日常を綴ったTwitterのつぶやきは、理想の結婚生活として一躍有名に。その内容は、妻への恋心と愛情いっぱいの"本当にあった"結婚生活ラブコメディで、2016年にコミック『結婚しても恋してる』(KADOKAWA)として出版された(全3巻)。著書に『いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか』(KADOKAWA)がある。

■りょかちさんプロフィール
 1992年生まれ。学生時代より各種ウェブメディアで執筆。新卒でIT企業に入社し、アプリやWEBサービスの企画開発・コンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在は若者やインターネット文化についてのコラムのみならず、エッセイ・脚本・コピー制作も行う。2021年8月、キャリアSNS『YOUTRUST』で運営中のユートラ編集部・編集長に就任。著書に『インカメ越しのネット世界』(幻冬舎)がある。


※画像提供:株式会社KADOKAWA


 
  • 書名 恋が生まれたこの街で
  • サブタイトル#東京デートストーリー
  • 監修・編集・著者名カツセ マサヒコ、shin5、りょかち 著
  • 出版社名株式会社KADOKAWA
  • 出版年月日2022年1月26日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・184ページ
  • ISBN9784041110836

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?