本を知る。本で知る。

義母が8歳サバ読み、離婚歴を隠していた?!  遺品整理で親の「不都合な真実」に慌てないために

AERA(アエラ)2022年2月28日号

   「AERA(アエラ)2022年2月28日号」(朝日新聞出版)の巻頭特集、「コロナが変えた老親と子の距離感」では、会えないことで質・量ともに変化した親子のコミュニケーションの実態と、逆に見えなくなった「終活」をリモートで支援するノウハウを紹介している。

book_20220221111342.jpg

コロナで親子の距離は縮まった?

   コロナで帰省を控えている方も多いだろう。もう2年以上も帰っていない...という方もいるのでは? そうなると、老親とのコミュニケーションの形も変わっていく。特にITツールを駆使する場面で、喜ぶ人も困る人もいるようだ。

   アエラは多くの「老親と子」に取材。物理的な距離が遠ざかった分、スマホでのメッセージのやり取りやビデオ通話で心の距離は縮まった、という人もいれば、「LINEの頻度も減り、会えないので意思疎通ができなくなった」、「緊急事態宣言下に理由もなく帰省を強いられた」など、疎遠になってしまったり、わずらわしさを感じたりする人も。さまざまなケースから、親子の関係は「ちょっと面倒なくらいがちょうどいい」と結論づけている。

   また、「会わないとできない」と思われていた親の「終活」をリモートで支援するノウハウも取材。大半の高齢者が「遺族に迷惑をかけたくない」と考えていても、実際にきちんと終活している人は少ない。「遺品のエンディングノートにはほぼ何も書かれていなかった」というケースも珍しくない。
 中には、「預貯金の通帳に記帳がなくて残高確認に手間取った上、住宅ローンが完済されていなかった」「義母は離婚歴を隠して義父と結婚していた上、年齢を8つサバ読んでいた」などなど、とんでもないエピソードも。このような困りごとを招かないように、リモートでもできる支援のノウハウをデジタル編、お見送り編、暮らし編、公的サービス編、親の資産編にわけ、41のチェック項目をリスト化して紹介している。

三宅健が表紙に初登場

   表紙は今回、初登場となる三宅健さん。安倍晴明役で主演する舞台「陰陽師 生成り姫」の開幕を2月22日に控え、蜷川実花のカメラの前に立った。

   これまでに出演してきた「和もの」の舞台やドラマには「因果応報」という共通のテーマがあったという。そして、話題は家具へのこだわりへ展開。さらに、ファンの存在の大きさについても今一度語る。

   月2回連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」では、前回に続き、平間至さんからポートレートのライティングを学んでいく。向井さんの持ちネタでもある、2021年のインスタ流行語大賞流行語部門1位にも選ばれた一発ギャグ「もみあげ手裏剣」を2人で撮りあう場面も。

   King Gnu井口理さんがホストを務める人気の対談連載「なんでもソーダ割り」は、俳優の菅田将暉さんをゲストに迎えたアラサー男子トークの第2回目となる。紅白歌合戦にまつわるトークや出会いについて語る。

   注目の起業家を取り上げる短期連載「起業は巡る」の第3シーズンでは、ホワイトカラーを「シャドーワーク」から解放すると述べるストックマークの林達さんが登場。

   その他にも下記のような記事が掲載されている。

子ども7万8千人の副反応「発生頻度」
「ブタから人への心臓移植」リスクと希望
自民党と公明党「熟年連立」の危機
日韓関係は文在寅が去っても難局が続く
日系人強制収容の大統領令から80年「事実」伝える77歳
受験で人生決まってたまるか!
藤井聡太 史上最年少五冠でも「森林限界の手前」
BEIJING2022「きょうだい出場」10組のわけ
BEIJING2022 ワリエワを巡る疑念・同情・失望
BEIJING2022 「五輪の理想」東京にも北京にもなかった
NyAERA発売記念!そして猫たちはヒーローになった

※画像提供:朝日新聞出版


  • 書名 AERA(アエラ)2022年2月28日号
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2022年2月21日
  • 定価440円(税込)
  • 備考原稿の方で太字だったのですが中見出しの指示がなかったので、太字にしておきました。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

AERAの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?