本を知る。本で知る。

故人の口座のお金はおろせる? 親や配偶者が死んだあとの「お金」ぶっちゃけトーク

親や配偶者が死んだあとの「お金」のことぜんぶ、本音で教えてください!

   もし、親や配偶者が亡くなってしまったら、一体どれくらいのお金がかかるのだろうか。「縁起でもない」「不謹慎だ」と、なるべく考えないようにしている人も多いのではないだろうか。しかし、何事も気がついた時には遅かったりするものだ。

   ファイナンシャル・プランナーの中垣香代子さんの著書、『親や配偶者が死んだあとの「お金」のことぜんぶ、本音で教えてください!』(ソシム)では、なかなか聞きにくい、「死後のお金問題」について、詳しく解説している。

「そんな場面を考えてのお金の話は不謹慎!」だなんて気にしている場合じゃありません。「出ていくお金」についても「もらえるお金」についても、すべて本音トークのぶっちゃけトークで切り込んでいます!
book_20210714145334.jpg
book_20210714145334.jpg

お葬式。実際いくら必要なの?

   「夫がいくら持っているのかよく知らない」「口座の暗証番号がわからない」「親のマンションって勝手に売っていいの?」「そもそもウチの親、相続するような財産あるのかしら?」などなど、身近な人だからこそ、「お金」について根掘り葉掘り聞くのもはばかられ、実はまったく把握していない、というのはよくある話だ。

   亡くなった後で初めて、葬儀代や相続税、へそくり、遺族年金など、様々なお金問題が浮上する。お金はどのくらいかかるのか? 反対に、どのくらいのお金が手元に残るのか。本書では、ややこしくて人に聞きづらいテーマを掘り下げいく。

   たとえば、「葬儀代が200万円って、ホントに???」という質問には、葬儀代に含まれる費用の内訳や、地域によってかなり幅があることなどをかみ砕いて解説している。

   目次は下記の通り。

序章 「親や配偶者が死んだあとのお金」って葬儀代のこと?相続のこと?
第1章 「出ていくお金」のこと、ぜんぶ教えてください!
第2章 「もらえるお金」のこと、ぜんぶ教えてください!
第3章 ややこしい「相続」のこと、ざっくりと教えてください!
付録 ファイナンシャル・プランナーが教える貯蓄体質への道!

   「出ていくお金」の章では、「葬儀代を安くする方法ってないの?」「へそくりにも相続税はかかる?」「結局、いざという時に必要な金額は?」など、素朴な疑問にていねいに回答している。

   また、「もらえるお金」の章では、葬儀、保険、入院、仕事、年金、それぞれについて、実際にどのくらいのお金がもらえるのかを明示。「故人の口座のお金っておろせるの?」「都合の悪い遺書を見つけちゃったときはどうする?」といった質問への回答も。

   大切な人を失い、悲しみに打ちひしがれている時に、お金のことなど考える余裕はないだろう。だからこそ、「不謹慎」だと考えず、前もって準備しておくことが大切だ。本書をきっかけに、家族と共有してみてはいかがだろうか。

■中垣香代子さんのプロフィール

ファイナンシャル・プランナー。株式会社FPフローリスト所属。
大手損害保険会社に約10年勤務ののち、夫の転勤に伴い数度の転居を重ねながら3人の子育てに専念。子どもの手がほぼ離れたことをきっかけに「主婦の経験を含め、積み重ねてきた人生が活かせ、人生後半戦を懸けることのできる仕事」としてファイナンシャル・プランナーになる。
お困りごと解決の道筋が見えたとき、お客様の表情がパッと明るくなる、そんな瞬間に出会えることに喜びを感じ、日々邁進中。個人事務所「老後のお金を一緒に考える事務所」

※画像提供:ソシム


 
  • 書名 親や配偶者が死んだあとの「お金」のことぜんぶ、本音で教えてください!
  • 監修・編集・著者名中垣 香代子 著
  • 出版社名ソシム
  • 出版年月日2021年6月23日
  • 定価1,540円(税込)
  • ISBN9784802612890

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?