読むべき本、見逃していない?

賃貸vs持ち家、iDeCo vs NISA。オトクなのは? 1時間でわかるお金の教科書

お金の基本ゆる図鑑

 「スマホ代を安くするには?」「老後資金を貯めるには?」「転職すると収入は増える?」「教育費ってどれくらいかかるの?」「日本は大借金してるって本当?」......。

 平野敦士カールさん監修の本書『使い方から貯め方、増やし方まで1時間でわかる お金の基本ゆる図鑑』(宝島社)は、お金の「キ・ホ・ン」を徹底解説してギモンをスッキリ解決してくれる一冊。

 一生お金に困らない、お得な知識がサクっとわかる「世界一やさしいお金の教科書」が誕生した。

 「お金があれば幸せになれるとは限りません。(中略)では、なぜお金は大切なのでしょうか? 私は『お金があれば自由を手に入れることができる』からだと思います」

お金に関する10の「キ・ホ・ン」

 はじめに平野さんは、金融教育がいかに必要かを書いている。

 日本では特にお金に関する教育が遅れているといわれ、海外と比べて投資や資産運用に関するリテラシーの低さが指摘されているそうだ。「投資は損をするから素人は手を出してはいけない」「お金は努力と根性で得るもの」という高度経済成長期に培われたお金の価値観が、いまだに根強く残っているという。

 しかし、失われた20年、30年ともいわれる日本経済の停滞、年金制度への不安などにより......

 「お金に対する価値観は確実に変わってきています。もはや国に頼ることは期待できません。だからこそ、お金に対する知識や判断力を身につけるための金融教育が必要なのです」

 そこで本書は、お金に関する10の「キ・ホ・ン」を「ゆる~いイラスト」満載で解説している。「お金で損をしないために勉強しておきたい!」という人のための、お金の知識・スキルを網羅した入門書となっている。

■目次
1章 知っておくべきお金のキ・ホ・ン
2章 お金の使い方のキ・ホ・ン
3章 お金の貯め方のキ・ホ・ン
4章 支出の抑え方のキ・ホ・ン
5章 お金の稼ぎ方のキ・ホ・ン
6章 税金の納め方のキ・ホ・ン
7章 お金の備え方のキ・ホ・ン
8章 金融知識のキ・ホ・ン
9章 お金の増やし方のキ・ホ・ン
10章 日本と世界のお金事情のキ・ホ・ン

漢字からわかるお金のルーツ

 本書は「図鑑」のタイトルどおり、文字とイラストが半々の割合。お金、経済の本と聞くとなんだかむずかしそうだが、ゆるキャラを思わせるイラストが一気にハードルを下げてくれる。

 後半に進むにつれて「賃貸vs持ち家」「iDeCo vs NISA」「株式投資vs投資信託」など専門的なテーマも出てくるが、前半は小学生からでも知っておきたいテーマばかり。

 たとえば、1章の「基礎知識1 お金はどうやって始まったの?」。お金のかたちは、利便性を追求して次のように変わってきたという。

「最初の取引は物々交換」→「通貨の始まりは物品貨幣」→「金貨や銀貨が登場」→「通貨が登場」

 物々交換の時代を経て、布・塩・お米などが交換の手段に。これらを「物品貨幣」というそうだ。ちなみに、最古の「物品貨幣」は貝。「貯」「財」「買」「費」「資」など、お金関係の漢字に「貝」の字が使われているのは、もともと貝がお金だったことを表しているのだとか。お金のルーツがわかって面白い。

大きく変わるお金のイメージ

 もう一つ、1章の「基礎知識11 今どきのお金の捉え方を知っておこう」。動物たちのこんなやりとりが描かれている。

ライオン「大企業に勤められれば安泰だ」
    「うげ~、会社が倒産したぞ」(のしかかる教育費、住宅ローン、老後資金)
    「...ってなる前に、自分の身は自分で守るぞ」
ネコ  「考えを改める時代に突入したニャ」
ブタ  「お金との付き合い方が大切なんだブー」

 これまでのお金のイメージは「大企業に就職すれば安定した収入が得られて安心」「節約は美徳」「額に汗して働いて得たお金は美しい」......。

 それに対し、これからのお金のイメージは「終身雇用や年功序列の賃金制度が崩壊」「公的な年金制度だけでなく私的な年金制度も活用する」「投資で得たお金も労働で得たお金も価値は同じ」......。

 このように、近年お金との向き合い方は大きく変わってきているという。

 「お金についての正しい知識を持てば、『簡単にお金儲けができる』というような儲け話にだまされることも防げます。今よりもお金が増えて、自由な人生を手に入れられるかもしれません」

 こうした生きていく上で大切な知恵を学べる本こそ、ぜひ子どもたちに読んでほしい。同時に、本書は大人が読んでも「へえ!」「そうだったの!?」となる、驚きに満ちた楽しい一冊。


■平野敦士カールさんプロフィール

 経営コンサルタント。米国イリノイ州生まれ。東京大学経済学部卒業。株式会社ネットストラテジー代表取締役社長、社団法人プラットフォーム戦略協会代表理事。日本興業銀行、NTTドコモiモード企画部担当部長を経て、2007年にハーバードビジネススクール准教授とともにコンサルティング&研修会社の株式会社ネットストラテジーを創業。ハーバードビジネススクール招待講師、早稲田大学ビジネススクール(MBA)非常勤講師、BBT大学教授、楽天オークション取締役、タワーレコード取締役、ドコモ・ドットコム取締役を歴任。米国・中国・韓国・シンガポールほか、海外での講演多数。著書多数。



 


  • 書名 お金の基本ゆる図鑑
  • サブタイトル使い方から貯め方、増やし方まで1時間でわかる
  • 監修・編集・著者名平野 敦士 カール 監修
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2021年1月22日
  • 定価1430円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・256ページ
  • ISBN9784299010834

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?