本を知る。本で知る。

成城石井しか知らない?味わい深い「調味料」の世界

暮らしの図鑑 調味料の味わい 楽しむ工夫×基礎知識×毎日使いたい調味料120

 

   成城石井に行くと、原料や産地、製法が異なるさまざまな種類の塩や砂糖、味噌、醤油などが並んでいて楽しい。調味料にたいしたこだわりはなくても、ついあれもこれもと買いたくなってしまう。

 

   そんな成城石井の協力のもと、奥深い調味料の世界を紹介しているのが、『暮らしの図鑑 調味料の味わい 楽しむ工夫×基礎知識×毎日使いたい調味料120』(翔泳社)だ。

book_20220117162300.jpg

 

   基本調味料ともいえる「砂糖」「塩」「酢」「醤油」「味噌」から、調理に欠かせない油やみりん、忙しいときにあると便利なだし調味料やドレッシング、ソースまで、いま手に入る120点の調味料の使い方や味わい方が掲載されている。

book_20220117162325.jpg
PART1毎日おいしい調味料_ゲランドの塩 セルファン(顆粒)

 

   フランス産ゲランドの塩に波照間島産の黒糖、2年熟成の柿酢、傅右衛門のたまり醤油、スペイン産のグレープシードオイルに成城石井オリジナルのマリネの素、「なんでもいける胡麻ドレッシング」などなど、使ってみたくなる調味料が満載だ。

book_20220117162359.jpg
PART2調味料の基礎知識_調味料の歴史

 

   調味料の基礎知識や、フードライター・白央篤司さんによる「ここからはじまる調味料」のコラム、料理家のちづかみゆき先生によるレシピなど、様々な視点から調味料の世界も必読。手元に1冊置いておくと、普段の料理もさらに奥深い味わいになるに違いない。

book_20220117162434.jpg
PART3おいしい調味料のある暮らし_みりんみたらしだんご

 

   普段の料理では、基本調味料しか使わないという方も多いだろう。この機会に調味料に詳しくなって、いつもの料理に変化を与えてみてはいかがだろうか。


※画像提供:翔泳社

  • 書名 暮らしの図鑑 調味料の味わい 楽しむ工夫×基礎知識×毎日使いたい調味料120
  • 監修・編集・著者名暮らしの図鑑編集部 編
  • 出版社名翔泳社
  • 出版年月日2022年1月14日
  • 定価1980円(税込)
  • 判型・ページ数A5変・232ページ
  • ISBN9784798171081

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?