本を知る。本で知る。

ちょうどいいきちんと感。和布でつくる洋服がおしゃれ!

私たちの欲しい和布の洋服

   年齢とともに変わるのが似合う服と好み。ゆったりした服は上手に着こなさないと、だらけた印象になるし、かといってキチっとしすぎる服は着心地が悪い。そんな方に試していただきたいのが和布だ。

book_20211227164200.jpg

   2022年1月7日『私たちの欲しい和布の洋服 きちんと普段着とちょっとおしゃれ着+バッグ』(グラフィック社)が発売される。

   本書では、モダンできらりとセンスの光る、和布を使った洋服やバッグの手作りを提案していく。

book_20211227164232.jpg
身頃と袖口にピンタックを入れた、優しくて上品なデザインの「ボウタイブラウス」(画像/グラフィック社提供)

book_20211227164252.jpg
ワンピースは1枚で着てもきちんと見えて、着心地は楽ちんな優秀アイテム(画像/グラフィック社提供)

book_20211227164314.jpg
張りのある和布でシルエットがきれいなパンツ(画像/グラフィック社提供)

   和布で作るスカートやワンピースは、シンプルすぎず地味すぎない。それでいて、自分らしさを出すことができる。

   ゆったりした形ながらも程よくきちんと感もあり、着心地は抜群。ポケットの作り方など、気になる部分は写真解説もあるので安心だ。

book_20211227164335.jpg
パッチワークのカーディガン風ジャケット。表はパッチワークや刺し子、裏は大島紬のリバーシブル!(画像/グラフィック社提供)

   洋服だけでなく、バッグや日傘などの小物も、和布で作れば季節を問わず活躍する予感。

book_20211227164354.jpg
洋服を作った余り布をパッチワークして、バッグに生まれ変わらせてみませんか?(画像/グラフィック社提供)

   遊び心を加えてパッチワークやアップリケを試してみるのも良いし、リバーシブルなデザインに挑戦してみるのも楽しい。

book_20211227164411.jpg
画像は『私たちの欲しい和布の洋服 きちんと普段着とちょっとおしゃれ着+バッグ』より(グラフィック社提供)

   掲載作品は以下の通り。

シャツブラウス、スタンドカラーのプルオーバー、ロールカラーのブラウス、フレンチスリーのブラウス、ボウタイのブラウス、リバーシブルカーディガン風ジャケット、ワイドパンツ、バルーン風パンツ、パッチワークスカート、丸のアップリケワンピース、縁どりワンピース、スタンドカラーのワンピース、ボウタイのワンピース、フレンチスリーブのワンピース、カシュクールワンピース、ノーカラーの軽いコート、ステンカラーのしっかりコート、バケツ型バッグ、柿渋染のトートバッグ、藍のトートバッグ、刺し子のぺたんこバッグ、つけ襟、日傘、作り方の写真解説、作り方

   ブラウスからコートまで、大人っぽさとかわいらしさを兼ね備えた和布で作成できる。ハンドメイドが好きな方は、ぜひ自分でチャレンジを。自分で作るのはちょっと...という方は、仕立て屋さんにこの本を持っていき、オーダーしてみてはいかが?

■岡崎光子(おかざき・みつこ)さんプロフィール

パッチワークキルト作家o講師。カフェ&ギャラリー柏屋オーナー。婦人服縫製会社を設立し、残布を活用したパッチワークを始めて今に至る。古布を使った和を基調とした作品づくりと、縫製の経験を生かした仕立てのよさに定評がある。

※画像提供:グラフィック社


  • 書名 私たちの欲しい和布の洋服
  • サブタイトルきちんと普段着とちょっとおしゃれ着+バッグ
  • 監修・編集・著者名岡崎光子 著
  • 出版社名グラフィック社
  • 出版年月日2022年1月 7日
  • 定価1760円(税込)
  • 判型・ページ数B5判・120ページ
  • ISBN9784766134650

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ファッション・コスメの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?