本を知る。本で知る。

マンガにラノベ!? 初詣の前に読みたい、個性豊かな『古事記』4選

まんが古事記

 正月には初詣に行く、という方も多いだろう。あなたが行く予定の神社には、どんな神様がいるのかご存じだろうか? 初詣に行く前に、日本の神話『古事記』を楽しく知れる、まったくタイプの違った4作品を紹介しよう。

神様たちが、ゆるかわいい漫画に

book_20211206203153.jpg

『愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記』
ふわこういちろう・著、戸矢学・監修(講談社)


 古事記というと、小難しい活字で読むもの? そんなことはない。『まんが古事記』なら、普段本を読み慣れない人でも、漫画で古事記の世界に入ることができる。活躍するのは、二頭身のゆるかわいい神様たち。天岩戸開き、ヤマタノオロチなどの主要なエピソードが、愛と涙と勇気たっぷりに、いきいきと繰り広げられる。

「もうこれより中には入らないでくださ~い!!」
(「其の二 天岩戸とヤマタノオロチ」セリフより)

まるで現代人!? ラノベ風古事記

book_20211206203217.jpg

『ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語』
小野寺優・著(KADOKAWA)


 普段ライトノベルをよく読むという人にはこんな本もある。古事記の世界の神々が、まるで現代人のような「ラノベ口調」でしゃべりだす『ラノベ古事記』。太古の昔の話なのに、カタカナ言葉もオーバーリアクションも茶番劇もなんでもありだ。個性豊かな登場人物たちのなかから、推しキャラならぬ推し神を見つけても楽しいかもしれない。

「もうちょいざっくりラフな感じにお願いできないかしら? その序文、飽きちゃったの」
(「序」より)

野望と愛欲の"オトナ古事記"も

book_20211206203244.jpg

『眠れないほど面白い「古事記」』
由良弥生・著(三笠書房)


 陰謀と戦い、禁断の恋、嫉妬渦巻く愛憎劇。こちらはまるで昼ドラのような、スリリングでロマンチックな古事記だ。ヤマトタケルは悲劇の皇子だった? 浮気を疑われたコノハナサクヤビメが、出産の際に決行したこととは......? 神様たちの、ちょっとオトナな話を読みたい人におすすめ。

「いや、いや。そうすることで子(国)を生もうと思うのだが......」
(なるほど......そういうことなのね)
(上巻 1 イザナギとイザナミの誕生――国生みと神生み「まぐわいの儀式」より)

古事記のすべてを知りたいなら、これ!

book_20211206203304.jpg

『現代語古事記』
竹田恒泰・著(学研プラス)


 最後は、古事記を教養としてばっちり学びたい人に。古事記に初めてふれる人でもつまずかずにどんどん読める、わかりやすい完全現代語訳だ。筆者独自の視点の解説もていねいに加えられ、古事記の全貌を知ることができる。これを読めば、初詣でどの神社に行っても、家族や友達にうんちくを語れるはずだ。

『古事記』にはたくさんの神が登場しますが、その一番はじめに現れた神は、天之御中主神です。
(上つ巻「一 はじめに現れた神」解説より)

※画像提供:講談社/KADOKAWA/三笠書房/学研プラス


   
  • 書名 まんが古事記
  • サブタイトル愛と涙と勇気の神様ものがたり
  • 監修・編集・著者名ふわ こういちろう 著 戸矢 学 監修
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2015年6月30日
  • 定価1540円(税込)
  • 判型・ページ数単行本ソフトカバー・176ページ
  • ISBN9784062194761
  • 備考2冊目『ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語』9784047346048・3冊目『眠れないほど面白い「古事記」』9784837966661・4冊目『現代語古事記』9784054050754

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?