本を知る。本で知る。

【試し読み】離婚までの100日描いたコミックエッセイ。「えげつないし泣ける」

マンガでわかる 離婚まで100日のプリン 決別or再構築、どうしよう?

 あと100日で自由になれる、モラハラ&DV三昧な不倫夫から――。

 Instagramで公開され、たちまち激震をもたらした、きなこすさんの『離婚まで100日のプリン』が、実用コミックエッセイとして書籍化された。

book_20211001092927.jpg

 『マンガでわかる 離婚まで100日のプリン 決別or再構築、どうしよう?』(KADOKAWA)は、夫のプリ彦からモラハラ、DV、不倫のフルコースをくらった専業主婦プリ子が離婚を決意し、ジリジリと夫を追い詰めていく100日間の奇跡を描いたもの。

彼の熱烈アプローチで結婚。妊娠を機に本性が明らかに......

 看護師をしていたプリ子は、患者だったプリ彦から猛烈なアプローチを受け、めでたく結婚した。この人なら自分を大切にしてくれて、幸せな家族を築けると信じていた。しかし妊娠とともに彼の本性が見え隠れし始めたのだった。

book_20211001093009.jpg

book_20211001093005.jpg

book_20211001093007.jpg

book_20211001093012.jpg

お前はいいよな 家でゴロゴロできて

 ここでは、離婚100日前から81日前までをチラ見せする。新生児の世話に追われるプリ子に思いやりのカケラもないプリ彦。いちいち嫌味な態度に腹が立つ。

book_20211001093145.jpg

book_20211001093141.jpg

book_20211001093138.jpg

book_20211001093153.jpg

book_20211001093131.jpg

book_20211001093156.jpg

book_20211001093135.jpg

book_20211001093149.jpg

離婚までにやるべきことは? 弁護士監修コラムも収録

 Instagramで読者から、「ゆる絵なのに...えげつないし泣ける...」と大きな反響を得た本作。書籍版には他にも、「サレ妻プリ子」や「不倫シタ女ババロアちゃん」のその後、「パンナコッ太くん」のサイドストーリーも描き下ろしを掲載している。

 さらに、もしあなた自身がモラハラやDVの被害を受けたり、不倫の証拠を発見した場合に離婚をするか否かを判断するポイント、離婚までにやるべきこと、慰謝料や養育費の相場等の疑問を弁護士監修コラムとして収録しているので、実用書としても役立つ。

 書籍では、過去に公開されたほぼ全ページを加筆修正し、今だからできるツッコミを追加した。すでにInstagramでチェック済みの人も楽しめる1冊となっている。


※画像提供:KADOKAWA


  • 書名 マンガでわかる 離婚まで100日のプリン 決別or再構築、どうしよう?
  • 監修・編集・著者名きなこす 著/コラム解説 伊東有理子(弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所)
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2021年9月24日
  • 判型・ページ数A5判・160ページ
  • ISBN978404680822-6

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?