本を知る。本で知る。

二階堂ふみ、吉田羊の着物姿にうっとり。女性を美しく魅せる着物を大特集!

美しいキモノ 2021年秋号

   オーソドックスで正しい着物の知識とともに、最新モードも掲載されている雑誌『美しいキモノ』(ハースト婦人画報社)の秋号が発売された。表紙は、今回初登場の二階堂ふみさん。柔らかな表情が秋色の着物とマッチしている。

book_20210823150025.jpg

   現在、ドラマ「プロミス・シンデレラ」(TBS)で人生崖っぷち、バツイチアラサー女子を好演している二階堂さん。ドラマとは対照的なしっとりした着物姿にため息が出る。実は二階堂さんは、プライベートでも着物を楽しんでいるという。今回は、中国の古楽器を型絵染で表した個性的な着物を魅力的に着こなしている。

book_20210823150041.jpg

   二階堂ふみさんからのメッセージも公開されている。スペシャル動画は下記のリンクより閲覧できる。

https://www.youtube.com/watch?v=IzunRf2wRf0

book_20210823150105.jpg

   吉田羊さんも登場。テーマは「模様」の力だ。絵画のように描かれた模様は、着物を美しく見せる最たる要素の1つだ。着物に帯を締める着装スタイルでは、模様同士の取り合わせにセンスが競われる。

book_20210823150118.jpg

   高島礼子さんの着姿とともに紹介していくのは、西陣御召。江戸時代には貴人に愛され、明治以後は数度のブームを経ており、再注目されている。西陣御召の「本しぼ織」を中心に、独特の風合いを生み出す製法をひもといていく。

book_20210823150131.jpg

   着付け講師のみずのしのぶさんが教えてくれるのは、「布に従う」長襦袢着付け。研ぎ澄まされた着姿の土台となる長襦袢の着付け方が紹介されている。美しく着るために取り入れていきたい。

   気分を変えるだけではなく、着ることで季節の移ろいを表現できる着物。これから季節が変わるのを機に楽しんでみたい方にもオススメの1冊。


※画像提供:ハースト婦人画報社


 
  • 書名 美しいキモノ 2021年秋号
  • 監修・編集・著者名美しいキモノ編集部
  • 出版社名ハースト婦人画報社
  • 出版年月日2021年8月19日
  • 定価2,100円(税込)
  • 判型・ページ数244ページ

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?