本を知る。本で知る。

一度使ったら手放せない! 「逃げ恥」平匡さんも愛用する電気圧力鍋の絶品レシピ

はじめてでも簡単!毎日がラクになる電気圧力鍋の絶品レシピ

   ドラマ「逃げ恥」で星野源さん扮する平匡さんが活用していた電気圧力鍋。直火式より手軽で使い方も簡単だと注目を集めている。

book_20210716125359.jpg

   7月19日『はじめてでも簡単!毎日がラクになる電気圧力鍋の絶品レシピ』(主婦の友社)が発売された。本書では、料理研究家の上島亜紀さんが電気圧力鍋のレシピを紹介していく。

book_20210716125420.jpg

   ①だれでも簡単、②ほったらかしで良い、③やわらかく仕上がる、④時短 と4つの電気圧力鍋の良さが紹介されている。料理初心者でも、いや初心者こそ挑戦しやすいレシピばかりだ。

   では、本書で紹介されているレシピを一部紹介していこう。

   実は、電気圧力鍋が1つあれば、圧力調理と低温調理のほか炊飯やスロー料理も作ることができる。本書でもバリエーション豊かなレシピが掲載されている。

火加減おまかせ、短時間で完成する圧力料理

   鍋の圧力を上げ、100度以上で調理する方法。火加減などはおまかせで、短時間で完成するのが最大の魅力だ。ビストロ料理も居酒屋メニューも手軽に作れる。

book_20210716125437.jpg

   本格的なビーフシチュー。肉→野菜の順に2段階で圧力調理。ルウを使わずレストラン級の味わいに。

book_20210716125500.jpg

   イタリアンレストランで出てきそうなもち麦のスープリゾットミネストローネ風。リゾットを作るにはずっとかき混ぜなくてはならないが、電気圧力鍋なら放置してあっという間に完成。

book_20210716125519.jpg

   居酒屋メニューの代表、具だくさんもつ煮。通常なら時間がかかるもつ煮も短時間でできる。

勘も経験も必要なし! かんたん低温調理

   食材をポリ袋に入れ、一定の温度の湯の中で袋ごと加熱する低温調理。電子圧力鍋をつかえば、勘や経験が重要だった火加減の悩みがなくなる。

book_20210716125536.jpg

   和風ローストビーフ。最適温度を保って加熱するので、できあがりはどこを切っても美しい。

book_20210716125555.jpg

   デザートまで作れる。写真は昔ながらのプリン。ピンポイントの温度で調理するので、すが入らず、上手にできる。

   本書の目次は以下の通り。

Part1 電気圧力鍋で、主材料2つで作るリピ決定おかず
Part2 電気圧力鍋で、いつもおかずがレストラン級に変身
Part3 電気圧力鍋で、おうちで簡単ごちそうメニュー
Part4 電気圧力鍋で、低温調理メニュー
Column 電気圧力鍋の待ち時間にサブおかず

   本格的な料理が簡単に短時間で作れる電気圧力鍋。色々な料理に活用できるので、1度買うと手放せない調理器具になりそうだ。


※画像提供:主婦の友社


 
  • 書名 はじめてでも簡単!毎日がラクになる電気圧力鍋の絶品レシピ
  • 監修・編集・著者名上島亜紀 著
  • 出版社名主婦の友社
  • 出版年月日2021年7月19日
  • 定価1,430円(税込)
  • 判型・ページ数B5判・128ページ
  • ISBN9784074486403

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

料理・レシピの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?