本を知る。本で知る。

浮気"サレタガワ"の葛藤と復讐 妻はなぜ、完璧な夫を裏切ったのか

サレタガワのブルー 1

 浮気された側の心境とは。

 人気漫画「サレタガワのブルー」のドラマが、7月13日から放送中だ。

 同作は、浮気をされた側の苦悩と復讐劇を描くフルカラー漫画。「読んだら必ず不倫したくなくなるマンガ」と銘打たれており、パートナーに裏切られた側の苦しみが克明に描かれている。作者のセモトさんによると、実話に基づいたエピソードもあるという。

画像は『サレタガワのブルー 1』(集英社)
画像は『サレタガワのブルー 1』(集英社)

妻の怪しすぎる行動

 気鋭のグラフィックデザイナー田川暢(たがわのぶる)には、最愛の妻・藍子(あいこ)がいた。暢は家事をしながら在宅で仕事をし、外で働く藍子を支える。誰もがうらやむ理想の夫婦だった。

 しかし、なんだか藍子の様子がおかしい。帰宅時間が遅くなりがちになり、暢からの夜の営みの誘いもすげなく断る。「今日は...ごめん。仕事で疲れてて...」。

 が、暢は藍子が浮気している確信をなかなか持てない。疑念を膨らませつつも、最愛の妻に裏切られているとはどうしても信じられなかった。

「まさか、うちの奥さんに限って不倫だなんて」

「どうして嘘をついたの?」

画像は『サレタガワのブルー 2』(集英社)
画像は『サレタガワのブルー 2』(集英社)

 そんなある日、ついに藍子の浮気を確信する出来事が起こる。いつものように藍子から「会社にカンヅメだよー」というメッセージが送られてきたとき、暢は本当に藍子が会社にいるかどうか確かめようと決心する。「本当なの...?」。葛藤しつつも、藍子の会社に確かめにいく。

 会社に行くと、やはり藍子は定時で帰っていた。嘘をつかれていたことがわかり、暢は藍子の浮気を確信する。

「ねえ藍子さん、どうして嘘をついたの? 誰と居るの?」

 離婚をすべく、暢は浮気の証拠を集め始める。完璧な離婚をするため、藍子の浮気の証拠を次々と暴いていく――。

 夫婦の今後は、いったいどうなってしまうのか。ドラマも要チェックだ。


 
  • 書名 サレタガワのブルー 1
  • 監修・編集・著者名セモトちか 作
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2021年5月25日
  • 定価990円(税込)
  • 判型・ページ数B6判・176ページ
  • ISBN9784088444703

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?