本を知る。本で知る。

「ブラジャー買って」母の返答に絶句。『毒親に育てられました』思春期編

毒親に育てられました2

   シングルマザーの母親との暮らしを描いたInstagramが話題となり、出版に至った『毒親に育てられました 母から逃げて自分を取り戻すまで』の待望の続編が発売された。

book_20210702140745.jpg

   本書『毒親に育てられました2 多感な思春期に毒母と暮らして自己肯定感ゼロの少女になりました』(KADOKAWA)では、著者のつつみさんの多感な思春期時代の話が描かれている。

   前作は、祖父母のもとで平和に暮らしていた幼少期時代に母親が迎えにくるところから始まる。母親との二人暮らしは、暴言・体罰・ネグレクト・過干渉・支配などの地獄のような日々だった。学校でも居場所をなくし、自殺未遂をするまで追い込まれたつつみさん。高校に入ってから「毒親」という言葉を知る。これをきっかけに、母親の体罰から逃れるまでが描かれている。

   続編となる本作では、前回は描かれなかった中学時代半ばから高校時代半ばまでのエピソードが紹介されている。

キスマークでもつけてるの?

   「下着の話」というエピソードでは、中学生のつつみさんが母親にブラジャーを買ってほしいと頼むエピソードが描かれている。

「脱いで」

   毒親である母親の台詞が衝撃的だ。同性の親子とはいえ、「なんで」と疑問に感じてしまう。つつみさんが動揺していると、「キスマークでもつけてるの?」「男ができたからブラが欲しいとか言い出したんだ!!」と根拠のないひどい言葉を娘に浴びせる母親。中学生の多感な時期にはトラウマものだろう。

   このほか、つつみさんの思春期時代の暮らしが繊細な感情表現とともに描かれている。目をそらしたくなるつらいエピソードも多い作品だ。怖いけれども、つつみさんがどのように毒親から抜け出したのか気になって仕方がない。

   巻末には教育評論家、親野智可等さんとの毒親対策対談も収録されている。


※画像提供:KADOKAWA


 
  • 書名 毒親に育てられました2
  • サブタイトル多感な思春期に毒母と暮らして 自己肯定感ゼロの少女になりました
  • 監修・編集・著者名つつみ 著
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2021年6月30日
  • 定価1,210円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・200ページ
  • ISBN9784048969932

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?