本を知る。本で知る。

"社内探偵"が暴く会社の闇。上司と不倫する新人、不正な出世...

社内探偵 1

 人事部の女性社員・久我ありさが、社内に潜む問題を解決する漫画『社内探偵』(KADOKAWA)が人気だ。

 本作の主人公は、「社内探偵」の異名をとる人事部の女性社員・久我ありさ。人事部に持ち込まれる問題を徹底的に調べ、社内に潜む課題に日夜対処している。

 そんな久我のもとにある日、企画部の女性社員・飯田美和がきちんと仕事をしてくれない、という相談が舞い込んでくる。すぐさま久我はその相談に乗り、問題を調査。その背後にある飯田の実態のない成果報告の問題などを発見し、見事に異動の処分を下す。

ただのスカッと系漫画じゃない

 普通の勧善懲悪型の漫画であれば、大抵はここで話が終わる。しかし、ここで本作にはさらに「その先」がある。

 処分をくらって異動になった飯田は、企画部からの去り際に不穏なセリフを残す。

「ありもしない成果をでっち上げるなんてそんな事、本当に可能かどうしてわかんないの」

 虚偽の成果報告は、上司や同僚など、有力な協力者がいなければ実行できない。飯田の言葉によって、久我もその事実に気づく。

「飯田さんは何かを知っている」
「若林さん以外に、この会社に腐ってるモノが」

 隠れた悪人を見つけるべく、久我はその調査に取り組み続けていく。不正に協力した社員は、果たして誰なのか――。

 単なるスカッとするお話にとどまらないのが、本作の面白いポイント。問題を解決するたび新たな問題が浮かび上がり、徐々に不穏な影が濃くなっていく。それを読むたび、どんどん話に引き込まれていく。

 電子版は第17話まで配信中。第1話から第5話までを収録した単行本第1巻も発売されている。


  • 書名 社内探偵 1
  • 監修・編集・著者名egumi 原作/かたおかみさお 作
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2021年6月 2日
  • 定価1,050円+税
  • 判型・ページ数A5判・176ページ
  • ISBN9784046051479

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?