本を知る。本で知る。

嫌われても、君に笑っていてほしい。汐見夏衛の大ヒット恋愛小説が文庫化

まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい

 2019年に発売されて大ヒットとなった汐見夏衛さんの小説『まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい』(スターツ出版)の文庫版が発売されている。

 主人公の遥は、悩みもなく毎日を楽しんでいるように周りから思われていた。だが実は恋も、友情も、親との関係も、何もかもが上手くいっていない。周囲からの視線と現実のギャップに、息苦しくもがいていた。

 ある日、不思議な男の子・天音に出会う。なぜか声が出ない天音と放課後にたわいない話をするようになったことで、徐々に心が軽くなっていく。いつしか天音は遥にとって大切な存在になっていた。

 しかしある時、遥は天音を想ってある行動を起こすが、逆に彼を深く傷つけてしまう。嫌われてもかまわない、君に笑っていてほしい。ふたりが見つけた光とは――。

sub1.jpg

 文庫オリジナルストーリーも収録されている。

※画像提供:スターツ出版
BOOKウォッチ編集部

 
  • 書名 まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい
  • 監修・編集・著者名汐見夏衛 著
  • 出版社名スターツ出版
  • 出版年月日2021年4月28日
  • 定価660円+税
  • 判型・ページ数文庫判・376ページ
  • ISBN9784813710820

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

恋愛の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?