読むべき本、見逃していない?

伊坂幸太郎『逆ソクラテス』が本屋大賞にノミネート デビュー20周年記念作品

逆ソクラテス

 伊坂幸太郎さんの小説『逆ソクラテス』(集英社)が、2021年本屋大賞にノミネートされた。同作は、全5編からなる短編集。伊坂さんのデビュー20周年記念作品で、累計発行部数は16万部(電子版を含む)を突破している。

 表題作の「逆ソクラテス」は、凝り固まった価値観を持つ先生に子供たちが立ち向かう作品。カンニングをきっかけに始まった作戦が、クラスメイトを巻き込み、思いもよらない結末を迎える。

 伊坂幸太郎さんは1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞・第21回山本周五郎賞を受賞した。

 2021年本屋大賞受賞作品は4月14日に発表される予定。

※画像提供:集英社
BOOKウォッチ編集部

 
  • 書名 逆ソクラテス
  • 監修・編集・著者名伊坂幸太郎 著
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2020年4月24日
  • 定価本体1,400円+税
  • 判型・ページ数四六判・288ページ
  • ISBN9784087717044

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

小説の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?