読むべき本、見逃していない?

部屋着=ジャージの時代はもう終わり! 付録はすみっコぐらし

 近所のコンビニへ、どんな格好で行くだろうか。おそらく、部屋で過ごすようなリラックスした服装の人が多いだろう。

 けれど、家で過ごす時間が増えている今、近場に出かけるときの「ワンマイルウェア」に投資する人が増えているらしい。

画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)通常号
画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)通常号

 2020年9月23日発売の「SPRiNG」11月号(宝島社)の表紙は、安達祐実さん。淡いピンクのニットブルゾンをハンサムに着こなす姿が新鮮だ。

 本誌では、「今買いたいのは"気分が上がるご近所服"」と題し、これからの季節に向けてゲットしたい靴や新時代のルームウェアなどを紹介する。

 今年、新たな「お洒落ご近所靴」として注目したいのが、サイドゴアブーツだ。履き口の両サイドに伸縮する「ゴア」が付いているのが特長で、今季、ひさびさにモードシーンに返り咲いた。スニーカーやフラットシューズに代わって、定番靴として君臨しそうだ。

 存在感のあるブラックブーツでハンサムスタイルをとことん満喫するコーディネートや、あえてフェミニンなドレスと合わせるスタイルなど、秋の最新トレンドは押さえておきたい。

 さらに、「ちょっとそこまで」のときに着るワンマイルウェアにこだわる動きも。楽だけどお洒落なこだわりのアイテムで、頑張らなくてもこなれて見えるのが嬉しい。偶然、ご近所さんに出くわしても安心だ。

画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)
画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)

 通常号の付録は、すみっコぐらしの「お金が貯まるマルチポーチ&シールセット」。マルチポーチの他に4枚のクリアジップケースが付いていて、お札などを分けて収納できる。

画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)。ジップケースにもそれぞれキャラクターが描かれている
画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)。ジップケースにもそれぞれキャラクターが描かれている

 書き込めるシールもセットになっているので、用途などを書いてジップに貼れば、家計管理にも役立つ。

画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)
画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)

 セブン-イレブン&セブンネットショッピング限定の増刊号は、同じくすみっコぐらしの、「スマートサイズの200mLステンレスボトル」が付録だ。シンプルなグレーなので大人も使いやすく、保温も保冷もできる。ぎゅっと身を寄せあっているキャラクターたちがなんともかわいらしい。

画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)増刊号
画像は、「SPRiNG」2020年11月号(宝島社)増刊号

 ご近所靴やワンマイルウェアなど、今年の秋に注目されるアイテムは例年よりも「内」に向いているようだ。お気に入りのアイテムを身に着けて歩けば、見慣れた近所の景色も少し違って見えるかもしれない。


※画像提供:宝島社

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?