読むべき本、見逃していない?

1杯で玉ねぎ1個ペロリ!野菜不足はおいしいスープとみそ汁でカバー

 忙しくて手の込んだ料理はできないけれど、野菜だけはしっかり食べたい。そう思うならこのレシピが役に立ちそうだ。2020年9月14日発売の『野菜はスープとみそ汁でとればいい』(新星出版社)は、手軽に野菜をたっぷりとることができる。

画像は、『野菜はスープとみそ汁でとればいい』(新星出版社)
画像は、『野菜はスープとみそ汁でとればいい』(新星出版社)

 玉ねぎ、にんじん、キャベツ、トマト、ブロッコリー、小松菜、ごぼう、大根など素材別にスープとみそ汁レシピが85点紹介されている。定番の味に加えて、「味噌クリーム風味」や「豆乳カレー風味」といった、"コクうま"で飽きのこない味もある。

d65ee5ffe6.jpg
画像は、「こんがり玉ねぎのポトフ風」のレシピ。『野菜はスープとみそ汁でとればいい』(新星出版社)より。

 「こんがり玉ねぎのポトフ風」は、1杯で玉ねぎ1個分がペロリと食べられる。横半分に切った玉ねぎを両面オリーブオイルで焼いてからいためたベーコンも一緒に煮る。顆粒コンソメスープの素と塩、こしょうで味つけする。

 さらに、スープとみそ汁をもっとおいしくする「ちょい足し」食材&調味料のコラムもあり、味の変化を楽しめるのもポイント。

 著者は、編集者で料理愛好家の倉橋利江さん。20年近くの編集経験から、仕事で学んだプロのコツと独自のアイデアを組み合わせた「手に入りやすい食材で、作りやすく、また食べたくなるレシピ」を考案している。これまでの著書に『ラクしておいしい!かんたん冷凍作りおき』、『作りおき&帰って10分おかず336』(いずれも新星出版社)などがある。

 野菜たっぷりのスープとみそ汁は、ひとり暮らしの自炊やスープジャー弁当にもぴったり。10分でできるレシピもあるので、忙しい朝でもパパッと作れる。

 あたたかいスープが恋しくなるこれからの季節に活躍しそうだ。


※写真提供:新星出版社

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?