読むべき本、見逃していない?

光源氏は元祖チャラ男! 夜の街で詠む「ホスト万葉集」って?

「噓の夢 噓の関係 噓の酒 こんな源氏名サヨナライツカ」
「『ごめんね』と泣かせて俺は何様だ誰の一位に俺はなるんだ」

「ホスト歌会」というものを聞いたことはあるだろうか。出勤前のホストが月に1度集い、歌を詠みあう会だ。2018年から行われていて、参加したのは歌舞伎町のホストクラブ「スマッパ!グループ」会長・手塚マキさんと、所属するホスト75人。2年間、彼らに伴走し選歌・指南をしたのは、ベストセラー『サラダ記念日』で知られる俵万智さんら3人の歌人だ。

画像は、『ホスト万葉集』(発売:講談社/発行:短歌研究社)
画像は、『ホスト万葉集』(発売:講談社/発行:短歌研究社)

 ホスト歌会で詠まれた約900首の中から、笑って泣けてちょっと切ない、珠玉の300首を集録したのが本書『ホスト万葉集』(発売:講談社/発行:短歌研究社)。客との掛け合い、LINEでの営業など、短い言葉を駆使して日常を送るホストたちと、言葉に感情をのせる短歌とは、実は非常に相性が良いのかもしれない。

 本書には、編者である俵万智さん、野口あや子さん、小佐野彈さんと手塚マキさんによる座談会「ホスト短歌の原点は、元祖チャラ男・光源氏です」も収録されている。

 2020年、夜の街への外出自粛という歌舞伎町最大の危機の中、オンラインで会議ができるアプリ「ZOOM」で歌会や勉強会を続けたホストたち。歌舞伎町のリアルな「今」を噛みしめる彼らが紡ぐ短歌は、鋭く私たちの胸に刺さる。

「君からの返信ないが既読付く 俺に連絡いま自粛かな」
「夜が更けて意外と広いゴジラ前 静けさ光る靖国通り」
「眠らない街といわれたネオン街 たまにはゆっくりおやすみなさい」
【「ホスト万葉集」より抜粋】

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?