読むべき本、見逃していない?

仕事とお金見直してみない?アラフィフからの「逆転キャリア」計画

 ここ数カ月で、働き方や時間の使い方が大きく変化した。雑誌「PRESIDENT WOMAN プレミア」VOL.51 2020年8月・夏号(プレジデント社)では、「ポストコロナ時代を生きる、女のマネー戦略 お金の稼ぎ方&賢い使い方」と題し、40代から考える、アラフィフからの「逆転キャリア」計画を特集している。コロナをきっかけに、仕事とお金を見直したいと考えている女性は必見だ。

8000_20200629094837341_0006.JPG
「PRESIDENT WOMAN プレミア」VOL.51 2020年8月・夏号(プレジデント社)

 今、自分の思うような働き方ができているのか、これまでで最も楽しかった仕事は何かなどを振り返りつつ、やりたいことを探ることからスタートしている。誌面には、書き込み式の「キャリアプランニングシート」やこれから30年働くことを想定した「未来シミュレーション年表」があり、自分と仕事についてじっくり考える時間をつくることができる。

 アラフォーから所得が大幅アップした5人にインタビューした記事では、50歳目前で転職に成功し30代のころに比べ収入が200%以上アップした人や、専業主婦から30代半ばでパート社員としてスタートし、後に正社員となり昇進して収入増を叶えた人など、さまざまなエピソードが読める。

 また、趣味を仕事にするなど副業を考えている人もいるだろう。月10万円以上を稼ぎ出す人を取材して、成功のポイントをまとめている。しかし、副業で成功する人は本業でも優秀だという有識者のコメントもある。たとえば、リモートワーク時についだらだらして仕事が進まない、計画が立てられないという人は、副業には向かないそうだ。

 多くの場合、キャリアアップや収入増には職場の人間関係も無視できないだろう。「結果を出すリーダーになるための明るい『社内政治』レッスン」のコーナーでは、男性社会特有といわれる社内政治を学び、女性ならではの力でポジションをつかみ取る術を探っている。

 本誌のアンケートによると、年収800万円以上稼ぐ女性の7割以上が資産運用をしているそう。コロナ禍で経済が不安視されている今こそ、基本を見直すべき。専門家が指南する「ポストコロナの経済とお金の守り方」も見逃せない。

 現状に満足していない、もっと豊かな職業人生を送りたいと思うなら、先人に学ぶことから一歩を踏み出してみては。しなやかに稼ぎ、賢く使う方法を探せば、本当にやりたいことを見極められるかも。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?