読むべき本、見逃していない?

上野動物園も営業再開 リーリーはシンシンに片想い?

 2020年6月23日に約4か月間、休園していた上野動物園が再開した。これを機に足を運ぼうと思っている人も多そうだが、その前に上野動物園をいっそう楽しめそうな写真エッセイ集『あいうえおパンダ』(青春出版社)にも注目してほしい。

画像は、『あいうえおパンダ』(青春出版社)
画像は、『あいうえおパンダ』(青春出版社)

 上野動物園に毎日通ってパンダの写真を掲載するブログ「毎日パンダ」で有名なカメラマン、高氏貴博(たかうじたかひろ)さんが撮影した、上野パンダファミリー3頭の3年間の成長記録である。普段見られない、表情豊かなリーリー・シンシン・シャンシャンの写真をたっぷり鑑賞できる。

画像は、『あいうえおパンダ』(青春出版社)より。「あ」のページには、思い切りあくびをしたキュートな姿が
画像は、『あいうえおパンダ』(青春出版社)より。「あ」のページには、思い切りあくびをしたキュートな姿が

「あ」のページには「あくびのパンダ」、「か」なら「からすとパンダ」......というように、テーマ別で五十音順にパンダたちの成長を楽しめる構成だ。各項目には、パンダの生態やパンダ舎でのエピソード等もつづられている。

 特に興味をひかれたのが、2017年のホワイトデーに撮られたツーショット。リーリーとシンシンの2頭が、柵を挟んでいっしょに写っている。毎年春になると、リーリーは木の上からシンシンに熱い視線を送っているのだとか。シンシンはあまり反応しないけれど、高氏さんはリーリーの気持ちが無事に届くよう祈っているそう。そんなストーリーといっしょに鑑賞すると、よりいっそうパンダたちがいとしく思えてくる。

 本書は高さ約15センチ。手のひらサイズで、小さなバッグにもちょこんと入る。上野観光のお土産や、パンダ好きの人へのプレゼントにしても喜ばれるだろう。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

エッセイの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?