本を知る。本で知る。

あなたが認知症になった後のことを、今から決めておける制度があります!制度の解説本を抽選で5名様にプレゼント!

PR

 あなたが認知症になった時、財産をどう管理し、どんな生活を送りたいですか?

 遺産相続と違って、あなたが生きている間のケアもとても大切です。

 いったい自分や自分の資産がどうなるのか、認知症になってから決めたのでは間に合いません。認知症になってからのことは、しっかりとした意思表示ができるうちに決めておくべきなのです。

 書籍『事例でわかる 任意後見の実務』は、認知症に備えるうえで何ができるのか、誰に相談するのが良いのかを知ることができる内容です。

※このページの後半にプレゼントのお知らせがあります。
『事例でわかる 任意後見の実務』(勝猛一 著、日本加除出版)

 認知症になると、さまざまなリスクが発生します。生活の維持や、財産管理などが代表的な例です。

 貯蓄がある場合は、浪費してしまったり、だまし取られたりするリスクもある一方で、毎月の生活費は確実に振り込んで欲しいというニーズもあるでしょう。そんなときは、本書に出てくる「民事信託」という制度などが利用できそうです。手元に多額の貯金を置くこともなく、生活の不自由も回避できる方法です。この例は、本書で紹介されている制度のひとつにすぎません。このほかにも多くの制度が存在しますので、詳しくは本書を手に取ってみてください。

 著者は、司法書士の勝猛一さん。認知症になる前に準備したい方、認知症になった方、周囲のご家族の方をサポートしてきた後見制度の専門家です。多くの事例を経験しているので、具体的な解説が特徴です。

 なお、本書は、専門家向けに書かれた内容ですが、一般の私たちが読んでも専門家に相談できるメニューを知るうえで役立つ構成になっています。

 もしもに備えて、あなたも今から読んでおきませんか。

抽選で5名様にプレゼント

【フォロー&RTでプレゼント】
 (応募を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。)

 J-CAST BOOKウォッチの公式ツイッターアカウント(@jcast_book)をフォロー&該当ツイートをリツイートして応募してください!
 既にフォロー済みの方は、リツイートいただければ応募完了です。
 締切:2022年1月20日(木)23:59 ※応募を締め切りました。
 ご当選者様には、ダイレクトメッセージでご連絡します。
 ご応募はこちらから。
 URL https://twitter.com/jcast_book/status/1474219315889336322  「返信」や「いいね」も大歓迎です! よろしくお願いします!

(提供:日本加除出版株式会社 記事:BOOKウォッチ編集部)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

暮らしの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?